スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スィルニキ~ロシア版お焼き~

以前にも書いたかもしれませんが、まーさんは息子と共に「21か国語で話そう」というクラブに所属しております。
毎週火曜と金曜の夜、このクラブにて、多言語ゲームやダンス、CDに合わせての多言語発話、国際交流話のシェアなどを行います。それこそ老若男女、赤ちゃんからお年寄りまで様々な立場・年齢の人々が集まり、オープンハートで楽しい時を過ごします。

当クラブには、他国へのホームステイプログラムもあり(逆に、他国からのホームステイ受け入れプログラムもあります)、大人も子供も様々な国にホームステイに出かけていきます。




今週の日曜日、今夏ロシアに2週間ホームステイした男の子(小6)の体験談を、少人数のメンバーで聴かせてもらう機会がありました。
そのお話、とてもとても面白かったです。
その子・K君は、スポーツが得意で活発な子ですが、普段は寡黙で、多くを語ることをしません。しかし、彼の撮って来たホームステイ中の写真の見つつ「これはどこ?」「これは誰?」「何を食べたの?」などと質問をしていくと、ゆっくりとかみしめるように、とつとつと思い出を語ってくれたのでした。それは、ホストファミリーとの楽しい思い出、おじいちゃんとの温かいエピソード、時にはハプニングなど、様々な経験と思いが詰まった、素敵なお話でした。




で、ここからが本題です(前置き長い・・・汗)
K君のお話の中で、「ステイ中食べたもので、美味しかったもの・あまり美味しくなかったもの」の話題になった時です。
美味しかったものは「ママが作ってくれたグリルチキン」とのことでしたが、「美味しくなかったものは?」と尋ねた時、彼は「名前が分からないけど、小さなパンケーキのようなもので、食感がぶつぶつ、ちょっと酸っぱい」という食べ物を挙げました。

写真も撮ってあったので見せてもらうと、確かに小さなパンケーキのようです。見た目はとても美味しそうなのですが・・・とにかくそのぶつぶつした食感が、K君には馴染めなかったそうです。「ぶつぶつ」って何が入ってるんだろう、気になる・・・一体この料理は何という名前なのだろう・・

気になり出すと止まらなくなるまーさん、その場でスマホ検索いたしました。すると、クックパッドで、彼の撮ってきた写真と全く同じ形状の食べ物が見つかりました。

その名は「スィルニキ」
クックパッドの説明では「ロシアでポピュラーなカッテージチーズのパンケーキ」とありました。日本のお焼きに似ているとも。
確かに見た目はお焼きっぽいですね。

そうか、ロシア版お焼きか~~。
材料は、
・カッテージチーズ
・とき卵
・ハチミツor砂糖
・プレーンヨーグルト
・小麦粉
・塩
・レモン汁
で、水切りしたカッテージチーズとその他の材料を混ぜて、多めの油で小さなパンケーキのようにして焼くとのことでした。

それにしても、どんな味なのだろう、スィルニキ。気になる・・・
K君が苦手だったその味を、どうしても味わってみたくなり(変)、ついに材料を購入して作ってみることにしました。

それがこちら。
IMG_0092_convert_20131114153103.jpg

どうですか。
まさにロシア版お焼きですね。見た目は結構、美味しそうじゃないですか??
で、出来上がったものをさっそく試食^^

お? お~~?? 不味くないよ!
味は、材料一つ一つが口の中に広がる感じです。
チーズ、ヨーグルト、レモン、ハチミツ、塩。それらが混じり合わずにふわっと一度に味わえます。

しかし、油をたくさん使っているのと、チーズが大量に入ってるため、胃がもたれてしまって、たくさんは食べられませんでした。件のK君も、ママチカに「イショ~(もっとどうぞ)」と勧められ、できる限り頑張って食べたそうですが、2枚だけ残してしまったとのことです(美味しくないと思ったのに、よくそこまで頑張って食べたなあ、エライ!!)

この日まーさんが作った「スィルニキ」は、冒頭で紹介したクラブの集まりに持っていき(ちょうど火曜日でした)、K君のお話をメンバーとシェアした後、
「では、その”美味しくない“というスィルニキですが、実際に作ってみました~~」
と言って取り出すと、皆わ~~っと言って次々に試食していました(勇気あるなあ・・・)しかし、意外と評判は良かったです。ロシアでは苦手だったというK君も、まーさんのスィルニキを食べてみて、「これは美味しい」と言ってくれました(^^ゞ


                  ◇


ホームステイ。
これは普通の旅行では味わえない、密度の濃い人間関係を築ける貴重な体験です。密度の濃い分、楽しいこともつらいこともたくさんあるでしょう。特に子供達にとっては、家族から離れ、言葉の通じない異国の家族に一人お世話になることは、計り知れない不安を伴う経験だと思います。そんな中で、様々なハプニングにも負けずホームステイをやり遂げてきた彼らは、出発前に比べ、皆一様にキラキラ輝いて、自信に満ち、一回り大きくなって帰ってきます。その変化には、本当にいつも驚かされます。


                  ◇


話は少々飛躍しますが、まーさんの理想について。

それこそ机上の空論かもしれませんが、世界中のあらゆる人間が、人種・性別・年齢等の枠を超え、ナマの人間同士として付き合っていける環境が、少しずつでも広がっていくことにあります。もちろん生活環境の違い(生活格差も含めて)や信条の違い、政治的文化的対立、その他ありとあらゆる難問が山積していることも十分承知の上です。ここで取り上げたホームステイにしても、ごく一部の人間(ある程度の生活レベルが確保されている家庭)に許された経験であることは、間違いのないことです。

そんな様々な矛盾や疑問はありますが、少なくとも、今自分がいる環境において、地球人として日本人として何が出来るのか。あらゆる人々に心を開いて対峙するにはどうしたらよいか。また話は広がりますが、人間だけではなく、地球上のあらゆる存在(生物・無生物)との共生には何が必要なのか。

まーさんは、そんなことをいつも、心に抱いて生きていたいのであります。




ロシアの「スィルニキ」。
訪れたことのない異国とその人々の生活に思いを馳せる、ステキなきっかけとなりました。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

国際的・持ち寄りパーティ!!

昨日はアメリカからやって来た高校生の女の子を囲んで、持ち寄りパーティがありました(嬉)。


幼児からオジサンオバサンまで幅広く入り混じり(笑)、途中からは他のアメリカ人やメキシコ人、さらには、最近まであちこちに留学していた日本人高校生も多数合流し、人・人・人・・・
人の放射熱にクーラーが負けてました(汗)


テーブルには、日本・中国・タイ・イタリア・アメリカ?などなど各国の料理が並び、お酒も入って(もちろん子供達はジュースです、大丈夫です(汗))ワイワイと盛り上がりました。楽しかった~!!
ちなみに、まーさんが作っていったのはジェノベーゼパスタとリンゴ入りポテトサラダです。どちらも好評でした!!単純にウレシイ(笑)メキシコ人O君は「リンゴ入りポテサラ初めて食べた。オイシイ!」と言ってくれました。国に帰ってから思い出して作ってくれるといいなあ。
アメリカ人高校生の女の子、なんと「納豆巻き」に果敢に挑戦!「食べられる」と言ってホントに食べていました。すご~い(驚)


まーさんは常日頃、世界全体がこんな環境に近づいていったらいいなあ、と思っています。
つまり、人種・性別・年齢・社会的立場などの枠を超えて、人々が“ナマの自分”でフラットに交流できる世界。


もちろん、いつでもどこでもそうした環境が確保されねばならないとは思いません。
そして政治的対立や宗教・信条の違い、所得格差、生活環境の違い等、難しい問題も多々あることも分かっています。


しかし、“理想の空論”かもしれませんが「人々がナマの自分でフラットに交流できる場」が少しずつでも世の中に広がっていけば、この飽和状態の人間社会、もっと言えばその人間が作り上げている地球環境が変化していくのではないか。


そんな理想を、漠然と思い描いているのです。



にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

三味線とギターで世界へ

今日のNHK「あさイチ」。
「特選!エンタ」コーナーで、三味線奏者の上妻宏光さんと、ギタリストのMIYAVIさんのセッションがありました。
お二人とも、カッコよすぎ・・・(叫)
特にMIYAVIさんのスラップ奏法(ピックを使わず弦を指で弾く独自の奏法。三味線からもヒントを得たという。)。凄すぎて言葉も出ません。

世界を舞台に活躍されているお二人に、アナウンサーから「なぜ世界に出ていくのか」という質問がされました。その時の回答が印象的でした。
MIYAVIさん
「逆になぜ、世界に出ていかないのかと思う。言葉や環境の違い・政治的な軋轢があったとしても、音楽を通じて世界の人と心を通じ合わせることが出来るし、自分は日本人の魂をギターで伝えたい。ギターで世界を取りたい。」
上妻さん
「三味線のような和楽器は、世界で演奏していると、日本人とは違った反応が返ってくる。そこが面白いし、そうした“世界から見た日本の素晴らしさ”を、逆に日本の人々に伝えていきたい。」
このようなことをおっしゃっていました。

“音楽で世界とつながる。音楽で日本の素晴らしさを国内外にアピールする“
スケールの大きいお話に、まーさんも大いに触発され、元気をもらいました。


まーさんは音楽(楽器)大好きですが和楽器には縁がなく、いつか日本人として何か和楽器をマスターしたいと思っていました。今日のお二人のように、和楽器で日本人の魂を外国人に伝えることが出来たらいいなあ(あんなに凄い演奏は出来ませんが…(汗))とも思っていました。

消えかかっていた「やりたいことリスト」(和楽器を習う)が、復活しそうな予感の日となりました。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

ありのままの日本!

昨夜PCが壊れました(汗)
今日頑張ってタブレットで書いています(大汗)

昨日のNHKスペシャル「ニッポン観光革命」ご覧になりましたか。
なかなか興味深い番組でした。
外国人旅行者を増やすためにはどうしたらよいか。例えばイタリアや韓国の取り組みを紹介したり、日本の駅弁や忍者の取り組みを紹介したり。それを元に様々な立場の日本人・外国人が意見を交わしていました。

結論は「外国人はありのままの日本が見たい」ということ。
包丁を研ぐ職人に感動する外国人。阪神タイガースの試合をもう一度見たいという外国人。新宿ゴールデン街に惹かれる外国人。
これらはみな日常の日本です。
こうしたありのままの日本を外国にどう伝えていくか、またいわゆる外国人がイメージする日本(世界遺産や忍者・侍といったもの)をどう新しい形でアピール出来るかが、今後の課題でしょう。

まーさんがこの番組で一番心に残ったのは、「外国人が選ぶ名所」です。意外にも第一位は原爆資料館でした。驚きました。原爆の悲惨さを実際に見たいと思う外国人が多数いること。大きな希望を感じます。

まーさんの私見ですが、日本人の誇るべき特性の一つとして「平和志向」が挙げられると思います。
唯一の被爆国として日本が世界に伝えられることは何か、日本人の根底にある平和志向を世界にどう輸出・発信出来るか、地球における日本の果たすべき役割とは何か。

今私達は考える時に来ているのではないでしょうか。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の 伝統·文化へ
にほんブログ村
プロフィール

まーさん

Author:まーさん
息子と夫と私、考え方も行動もてんでバラバラな3人で暮らしています(笑)でも仲良しです。
音楽、映画、読書が好き。芸術鑑賞、外国語、旅行も好きです。ゆ~る・じゃぱんでは、日本大好きまーさんが暮らしのに漂う日本の香り・日本文化をゆる~く綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。