スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苫米地秀人『「日本」を捨てよ』

以前からお伝えしている通り、まーさんは息子と共に「21か国語で話そう」クラブで活動しております。

そもそも、なぜこのようなクラブに入ったのかと申しますと、「元々、様々な外国語を音の波のように聞くことが好きで、かつそれらを日常生活に困らない程度に習得したい」と考えていたからなのですが、しかしそれ以上に「単言語社会である日本に暮らすことが、どうしようもなく息苦しく、とにかく多言語の中に身を投じたい」というのが当面の最大の理由でした。

言語とはご承知の通り、それを話す人々の文化・慣習と表裏一体をなすものです。つまり、「日本語という言語」はその背景に、「日本の文化・慣習」をずっしりと背負っているのであり、日本語を使用する者には否応なくその文化的束縛が伴うのであります。
その閉塞感、息苦しさ・・・まーさんはいつしか、この重圧に耐えきれなくなり、それこそ本当に息をするのも苦しくなってきました。

そんな時に出会ったのがこの「21か国語で話そうクラブ」でした。
まあここは、何と居心地の良い空間だったことでしょう!!

クラブのドアを開けると「オラ!」の挨拶。帰る時には手を上げて「再見!」。活動中に飛びかう言葉は「メルシー」「ムイビエン」「スレズシ」「クェンチャナ」等々・・・
どれもみんな、違う国の言葉です。
日本語=日本的価値観から一歩離れ、様々な言語によって自由に交流する場。そこには地球規模に広がる心の自由が確かに存在していました。
地球上のあらゆる人々に開かれた心。“地球文化”という考え方を当たり前のように感じる心。本当に、酸素マスクをつけたように呼吸が楽になり、まーさんはそれこそ命拾いをしたのでありました(笑)


そんなまーさんが、先日たまたま本屋で購入した本がこちら。
「日本」を捨てよ (PHP新書)「日本」を捨てよ (PHP新書)
(2012/03/15)
苫米地 英人

商品詳細を見る

筆者・苫米地氏はとんでもなく肩書きの多い方で著書も多く、その内容も多岐に亘っており、時々TV出演もされていますが、一部(ネット等)ではかなり痛烈な批判を受けてもいる方です。

そのような方の著作ですから、賛否両論あるかとは思いますが、まーさんは本書の題名である『「日本」を捨てよ』と、表紙裏の「この国を覆う息苦しさの正体」という言葉に惹かれ、試しに読んでみようと購入を決めました。

感想を一言で申せば、「論証あるいは代替案抜きに様々なことが語られており、申し訳ないが、突っ込みどころが満載(笑)。しかし軽い読み物として、また日本再考のきっかけとして読んでも損はない。」といったところでしょうか。



気になる内容ですが、章立てはこうです。

第1章 日本人はなぜ立ち上がらないのか
第2章 日本人はなぜ幸福を感じられないのか
第3章 「日本」という枠組みを疑え
第4章 正しい「日本」の愛し方



いかがですか?多少なりとも興味をお持ちになったでしょうか。



では次に、各章で述べられていた要旨を簡潔にまとめてみます。



第1章 日本人はなぜ立ち上がらないのか

1.儒教に洗脳されているため。
 儒教=君子(エリート)が徳を持って統治する社会。
 裏を返せば人民の主権や自由は否定され、
 民は支配者の言うことに従順に従うべし、という思想。
2.日本は相互監視社会(「村八分」という抑止力)であるため。
3.日本は「パノプティコン社会」であるため。
 パノプティコン=哲学者ミシェル・フーコーの言う監獄監視システム。
 放射状の独房の真ん中に監視塔が置かれていると、
 たとえそこに看守がいなくとも 囚人は気を抜くことが出来ない
 というシステムである。
 そして日本でよく言われる「お天道様が見ている」は、
 「どこにも他人の目はあるぞ」の脅しである。




第2章 日本人はなぜ幸福を感じられないのか

例えば裁判時、被告人の見た目や態度で判決が左右されるような、あいまいな「情状酌量文化」がまかり通っているから。これは合理的かつ客観的な意思決定を行う民主主義の論理と反しており、儒教的な上下関係の伝統、あるいは一神教的フェアネスの欠如により助長されている。
またフェアネスのない社会は機会の平等がなく、「世襲」に代表されるような元々有利な立場にいる人と、そうでない人との間で、自己実現の可能性に大きな開きがある。そしてその封建社会を裏支えしているのが、日本の「三育主義」のうちの「徳育」「体育」である(この二つにより、日本の子供達は徹底的に秩序を守るよう仕込まれ、ユニークで自由な発想はつぶされてゆく)。
こうした理由により日本人は未来に希望が持てず、幸福感を感じられないのである。



第3章 「日本」という枠組みを疑え

ここまで閉塞感を感じながら、なぜ日本人は相変わらず日本(国家)を信用し、日本にしがみつくのか。
それは儒教思想にある「優れた人格者でなくては、支配者になってはいけない」が、いつのまにか「支配者はみな人格的に優れた、良い人のはずだ」に論理転換してしまったからである(だから支配者を盲目的に信じてしまうのである)。
また脳の特性であるスコトーマ(見たくない現実を脳は認識できない)が働いていることも事実である。

そして、そもそも「国家」「国民」とは人工的に作られた概念であり、サンフランシスコ講和条約を厳密に解釈すれば、「日本国」という独立国は存在しないことになっている。したがって「日本国民」という概念もまた幻想である。

ならば、「日本人」は存在しないのか?
そうではない。国家を前提としなくても、ある文化を共有している人々をひとまとまりの集団として認識することは可能である。
そこを踏まえて「日本人」とはどういう人々かを定義すると、
1.日本人とは「日本方言を話す人」
2.日本人とは「日本で義務教育を受けた人」
と言える
だろう。

以上を理解した上で、我々が「日本」「日本人」という枠組みを飛び出すにはどうしたらよいか。
それにはまず、一人ひとりが「やりたいことをやれ」これに尽きる(個人の自由度が高まると、日本人が烏合の衆になるリスクも高まるが、それでも我々は一人ひとりがやりたいことをやる社会に一歩踏み出すしかない)。



第4章 正しい「日本」の愛し方

筆者が提案するのは、従来の「無教会派」「無政府主義」の考え方をベースに、国家と個人との関係を自由な契約に任せる「実質的な無政府主義」の導入である。
具体的には、
第一段階:道州制を導入し、住む場所を変えるだけで自分が好ましいと思える政策の政府を選べるようにする。
第二段階:土地に縛られない政府選択制を導入する。ある程度のレベルが確保された政府の中から、個人は政府を選択して契約できるようにする


こう書くとまるでSFの世界のように思えるかもしれないが、実際EU圏民は圏内の好きな国に移住できるし、アメリカは連邦制なので各州が独立国と言っても良い。決して上記の提案は、非現実的なものではないのである。
個人が政府を選べるようになり、それによって自由とフェアネスの度合いが大きく向上した社会。これこそが現実的で実質的な、新しい無政府主義の形である。そしていずれは国境を越えた人生設計が、日本人の間で一般化していくはずである。

真に日本を愛するなら、枝葉の事実に知悉せず、まずは「日本」と適切な距離を取ること。あえて「日本」を突き放すべきである。
それにはまず、
1.一度は外国で暮らしてみる。
2.外国に旅行する機会を増やす。
3.日本語以外の言語を真剣に勉強してみる。

などを実践するとよいだろう。
日本を愛し、本気で日本を救いたいと考えるなら、より高い抽象度から、日本の美点・欠点を認識し、世界全体の中で日本という国がもつ真の価値を見極めよう。





以上が、本書の大まかな内容です。
皆さま、いかがでしょうか。
ざっと読んだだけでも、「これは首肯しかねる」という部分あり、また逆に「なるほどその通りだ・面白い」という部分あり、まあ全体としては興味深く読める本なのではないでしょうか。


まーさんとしては赤字の部分が疑問に思う点、青地のところがその通り、と思う点でありました。
赤字の部分についてのまーさんの見解ですが、

★日本は「パノプティコン社会」であるというが、ワタクシ自身は「ヨコの関係」を重視する日本の特性から見て、ルース・ベネディクトの「恥の文化」あるいは阿部謹也の「世間」のほうがより的を射た表現であると考える。
また、「お天道様」=「他人の目」と氏は解釈しているが、ここにはむしろ、古来より続く日本の自然信仰の風習が色濃く残っていると考えた方が良いのではなかろうか。

★裁判上ということを離れて考えれば、「見た目や態度で左右される」社会は日本だけではない。例えばアメリカの大統領選などでは、状況に応じて立候補者がネクタイの色を変えたりするのは当たり前の話である。
また「フェアネスのない社会は機会の平等がない」というが、ではキリスト教圏の国々では本当に機会の平等が保障されているのか。多くの場合貧富の差はほぼ世襲のように踏襲され、貧困層は貧困層のまま、なかなかそこを脱却出来ないのが現状ではないのか。

★現在の日本人が「支配者は皆人格的に優れている」と盲目的に信じているとは到底思えない。むしろその逆ではないのか。

★道州制は画期的であると思うが、「生まれ育った地を離れたくない」といった情緒的側面、あるいは「現在の仕事を離職してまで移住したくない」「引越しを繰り返すほどの経済的余裕はない」などの現実的側面にはどう対処するのか。そこまで道政府が面倒を見てくれるということなのか。
また、「個人が複数の政府から一つを選択できる」とは具体的にどのような形を持つものなのか。氏はEU圏の例を挙げているが、日本国内で自己完結する形でこれを実現させるには、とてつもない変革が必要であり、それこそSFの世界という感が否めない。ならば日本も近隣諸国とEU諸国のような関係を形成せよということか。それもまた別の意味でSF的に実現不可能な気がする。





とまあ色々述べてきましたが、とにもかくにも、これからは個人の力が大きく世の中を動かす時代。

人々が心の声に従って「やりたいことをやる」のは、ある意味当たり前の世の中となって来るでしょう。

もちろん、戦争や貧困により、それがままならぬ国が世界には多数存在することも承知の上です。

しかし少なくとも今後の日本においては、人々が「やりたいことをやる」姿勢を互いに認め合えるような世の中にしたい。

そうすれば、時間はかかるかもしれませんが、いずれは調和と幸福に満ちた「息苦しくない日本」が作り上げられるのではないかと、まーさんは非常にポジティブに考える(いや考えたい)次第であります。





「ゆ~る・じゃぱん」は鳥のように日本を眺めます・・
↓ww^^ww↓
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

応援クリックありがとうございます!!
関連記事
スポンサーサイト

夏の天狗山とB級グルメ

皆さまご無沙汰しております。
あれやこれやと忙しく、またもやブログが放置状態になりました(汗)



今週の日曜日、まーさん家族は義母と共に
山梨県の天狗山にお参りに行きました。
天狗山とは、過去にもご紹介しましたが、
日蓮宗総本山・身延山にゆかりのお天狗様が祀られているお山で、
義母の家で代々信仰している神様であります。
まーさんの夫も義母と共に、
このお天狗様を厚く信仰しています。




過去記事はこちら↓
「天狗山そしてパリの街」




日曜日は良いお天気。少し暑い日で、
急勾配の天狗山は中々にハードでした。


天狗山、最初の鳥居
IMG_0709_convert_20140712214306.jpg

天狗山、第二の鳥居
IMG_0708_convert_20140712214341.jpg

登りきったところの狛犬様。後ろ姿でスミマセン・・・
IMG_0702_convert_20140712214421.jpg

山から見下ろす富士川。
IMG_0701_convert_20140712214450.jpg

天狗山本堂。清々しく重厚な”気”を感じます。
IMG_0706_convert_20140712214524.jpg




この後、いつも寄るドライブインで、
地場産の野菜などを購入しました。



ドライブインの池。カワイイ小さな鯉が泳いでいました。
IMG_0710_convert_20140712214559.jpg




そしてこの日は夫の希望で
かの有名な山梨B級グルメ「鳥もつ煮」を食べに行こうということに。
「鳥もつ煮」はご存じの通り、2011年「第5回B‐1グランプリin厚木」にて
見事ゴールドグランプリ(優勝)を獲得しております。

甲府駅付近でどこか良い店はないかと、
まーさんがスマホで検索。
すると、駅のすぐそばに「鳥もつ煮発祥の店」である
「奥藤本店 甲府駅前店」がありました。
早速こちらに向かうことに。
ネットで情報を集めたところ、こちらのお店
開店間もなく満席になってしまうという人気店らしいので、
夕食には少し早いですが、17時過ぎに入店いたしました。


「奥藤本店 甲府駅前店」
IMG_0718_convert_20140712214634.jpg

蕎麦と鳥もつ煮のセット(奥藤本店はお蕎麦屋さんです)。
かなりのボリュームですね~~ビックリ!!
お蕎麦もご飯も美味しかったです^^
IMG_0716_convert_20140712214707.jpg

鳥もつ煮のアップ。
砂肝・ハツ・レバー・キンカンなどの鳥もつを、砂糖と醤油のタレで煮込んだ
甘辛い味付け。ご飯にぴったりでとても美味しい!もちろんお酒にも合います。
アクセントのシシトウも、絶妙であります。
もつの他にしいたけ、ショウガ、タケノコなども入っておりました。

IMG_0717_convert_20140712214732.jpg




いや~~、来て良かった。「鳥もつ煮」ホントに美味しかったです。
あの味が出せるかどうか分かりませんが、
ぜひウチでも挑戦して作ってみたいですね^^


最後は甲府駅にてお土産を買い求め、帰路につきました。




今回は、ゆったりと余裕のある旅行。
天狗山に長時間滞在し、お掃除したりお祈りしたり、
本堂で義母から、昔のお天狗様信仰の様子を聞いたり。
さらにはB級グルメを堪能し、お土産もゆっくり吟味することができ、
とても心満たされる一日となりました。



「鳥もつ煮」気になった方はポチッと!
↓(≧▽≦)↓
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

クリック応援ありがとうございます!!
関連記事

用水路の、いまむかし

まーさんは、千葉生まれの栃木育ちです。


自然がいっぱいの栃木県に引越したのは小学生の時。
その当時は、見るものすべてが珍しく、
植物・動物好きのまーさんとしては
毎日が驚きと発見とで満ち溢れ、
心躍る日々を送っておりました。



近くを流れる川の深い青。
どこまでも続く田圃。
夜は、うるさくて眠れないほどの蛙の声、虫の音。
乳牛の鳴き声と牛糞の匂い。野焼きの煙。
山の畑から次々見つかる縄文土器の破片。


植物図鑑でしか見たことのなかった草花や木々。
エゴノキの花、野薔薇の群生、ニセアカシアの木陰、萩の道。
シロツメクサの冠、レンゲ畑、ススキの風になびく姿、草笛。


春に摘む、ヨモギ、ゼンマイ、蕨、タラの芽、うど、セリ。
土手の菜の花。地中深くに根を張る、山芋とむかご。


時折道路を横切る、イタチや野うさぎ。
コジュケイの親子、カッコウの声、ウグイスのさえずり、
百舌鳥の早贄、ツバメの巣。
雑木林に集まるクワガタやカブトムシ。
ヘビの巣穴、草むらの青大将。
庭で日向ぼっこするカナヘビたち。


思い出は尽きることがありません―――




で、本題です(汗)
このような自然あふれる環境の中、
まーさんが唯一手を出さなかった遊び。
それは――
ザリガニ釣り、でした(^^ゞ


高台の家から崖を下ると、広大な田圃。
そこには農業用の用水路がありました。
また、家から少し歩いたところにある
八幡神社の桜の巨木の下には、
やはり小さな用水路がありました。


こういうところにいるのですよね、ザリガニ。
確かにいました。
いかにもいそうな場所でした。
実際、男の子たちはここでザリ釣りをしていたと
記憶しています。


しかし――
まーさんは、ザリ釣りに全く興味を示さなかったのです(苦笑)
クワガタやカブトムシは好きだったのですが、
なぜかザリガニは、好きではなかったのですね。



ところが、人生とは分からないもの。
今や息子に連れられて??
夏は用水路でザリ釣りに興じております――(笑)

IMG_0676_convert_20140704223338.jpg

IMG_0677_convert_20140704223432.jpg


昨年は、まーさんの釣りテクがお粗末だったため、
ザリさんを、一匹も釣ることが出来ませんでした(~_~;)

満月の用水路に8時まで粘った昨年の夏休み。
最後はもう、二人してその場に仰向けに寝転がり、
涼しい風に吹かれながらお月様を眺めたのでした。
通りすがりの人々の、
ぎょっとした顔が忘れられません…(そりゃそうだよなあ)



しかし今年は!!!
リベンジ・ザリ釣り!!!です。

IMG_0678_convert_20140704223457_20140704224113a31.jpg


先日の日曜日、近所の用水路に行き、
泥水の中に”あたりめ”を仕掛け、
何度目かの攻防の末、遂にザリさん一匹ゲット!!!


やりました~~(≧▽≦)
用心深くそっと引きあげ、
なおかつ後ろに跳びはねるというザリの性質をふまえ、
網を静かに尻尾から近づけ、ぐっと掬い上げましたヽ(^。^)ノ

IMG_0684_convert_20140704223542.jpg
ウチにお連れしたザリガニさん^^

IMG_0690_convert_20140704223616.jpg
スジエビも捕まえました!メダカの水槽に入っていただきました(笑)
この他、釣りのおじさんにクチボソをもらい、
見知らぬ女の子にオタマジャクシをもらい・・・(^^ゞ
こちらはベランダの水槽にGO!



この年になってザリガニ釣りに興じるとは・・・
人生何が起こるか分からんものですね――(^▽^;)

IMG_0681_convert_20140704223233.jpg
おまけ。 息子の力作「スイカマン」 ちょっとお化けチック???






男の子の夏って、良いですなあ・・・
 ↓(*´з`)↓
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

ぽちっと押していただき、嬉しいデス!
関連記事
プロフィール

まーさん

Author:まーさん
息子と夫と私、考え方も行動もてんでバラバラな3人で暮らしています(笑)でも仲良しです。
音楽、映画、読書が好き。芸術鑑賞、外国語、旅行も好きです。ゆ~る・じゃぱんでは、日本大好きまーさんが暮らしのに漂う日本の香り・日本文化をゆる~く綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。