スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の歌を歌う~岡本太郎『強く生きる言葉』~

前回の記事に載せました紫陽花は、一週間後このようになっておりました。



IMG_0543_convert_20140529144218.jpg


IMG_0544_convert_20140529144254.jpg


IMG_0546_convert_20140529144326.jpg




五月ももうすぐ終わりですね。あと少しで梅雨の始まりです。


            ◇


当ブログでもしばしばご紹介している通り、
まーさんと息子は毎週火曜日と金曜日の夜、
「21か国語で話そう」クラブに参加しております。
(カテゴリ「国際感覚」に関連記事がいくつかあります。
よろしければご覧ください^^)

先日火曜日のクラブにて――
まーさんはまたもや、
”自分自身”についてのとんでもない大発見を
してしまいました!
それは。
「本来のまーさんは、
人見知りで、話すのが苦手で、おまけに気弱である。」
という事実。

何だそんなことか、ですよね、皆様にとっては(苦笑)
しかし私には天地がひっくり返るほどの発見!
(正確には再発見)だったのです。

なぜこの事実に気づいたかと言いますと、
クラブの時間中、まーさんが
「ことばとは何か。」
「クラブの意義とは何か。」
「多言語を話すとは何か。」
についてスピーチする時間をいただき、
それに対してメンバーからの意見をもらっていたのですが、
その時あるメンバーが、
「○○ちゃん(まーさん)て、こういうスピーチはするけど
ほかの人とのラフな会話は、あんまりしないよね。」
といったのです。
(つまりそこには「もう少し人と打ち解けて話したらどうか」
という意図も含まれていると思うのですが・・・)

その時まーさんは、ひらめくようにハタと気が付きました。
「そうか。本来の私は人見知りなのだ。
そして、人と話をするのが苦手で、とっても気弱な人間なのだ――」

子供時代はずっとクラス委員長を務め、
大人になってからは「人前で話す」仕事をしてきたまーさん。
その自分が「人見知りで、話が苦手で、気弱・・・?」
そんな馬鹿な・・・

しかし、メンバーに言われた一言で、それは紛れもない事実であり、
それこそが「今まで封印してきた本来の自分」であることに、
まるで悟りを開いたようにポッと気が付いたのです。

もちろん今までも、
「自分は何となく引っ込み思案で、人と話すのはドキドキするなあ。」
と、漠然とは思ってました。

しかし、幼少の頃から
「常にリーダーとして積極的に行動せよ!」
「誰とでも打ち解けて話せ!」
「人に弱みを見せてはならない!」
と家庭(や世間の常識)で強く刷り込まれた結果、
そういう強い人間になろう・ならねばと思い込み、
本来のよわよわした自分を心の奥底に封印してきたのでした。

とはいえ「封印してきたと思った本来の自分」は、
やはり他人から見れば
どこかオーラとして言葉や態度の端々に
にじみ出ているものなのでしょうね。
だからこそクラブのメンバーに
「あなたは、ほかの人とあんまりラフに話さないよね。」
と指摘されたのでしょう。

そうか。まーさんて、自分の思ってるまーさんと真逆の人だったのだ!

これはものすごく新鮮な驚きでした。
「他人から指摘されて自分を知る――」
存外人間は、自分のことを正確に把握していないものなのですね。

そして思いました。
まーさんはこれを機に
「封印されていた可哀想な自分」を救い出し、
遅ればせながら、本来の自分に戻ってみよう、と。

世間的には「人見知り」「話すのが苦手」「気弱」は、
どちらかというとマイナスイメージで通っていると思います。
そして私自身も、家庭教育及び社会的刷り込みによって、
そのような在り方は良くない、と思い込んでおりました。

しかし、そんな既成概念はぶち破ってやればいいのです!
「本来の自分、全開で生きること。」
これが真に自分を偽らない生の在り方、といえましょう。

もちろんこれには、相当の勇気とパワーが必要になります。
水の如く“Natural”な生の在り方、
評価を越えた唯一無二の個の在り方を貫くのは
並み大抵の事ではありません。

そんなことを思っている時に取り出したのが、この本――
岡本太郎 著『強く生きる言葉』(イースト・プレス)です。

強く生きる言葉強く生きる言葉
(2013/11/25)
岡本太郎

商品詳細を見る


ぱらぱらと、最初から最後まで再読し、
やはり岡本太郎氏は、半端ないと思いました。
みなぎるエネルギー。生と死のはざまで繰り広げられる孤独な戦い。
カッコよすぎます。シビレます。ホレます。
そして、勇気づけられます。


少しだけ本書から引用してみたいと思います。


「こんなに弱い、なら弱いまま、
ありのままで進めば勇気が出て来るじゃないか。
もっと平気で、自分自身と対決するんだよ。」


「カッコよく生きようとするのは自分自身に甘えているにすぎない。
カッコウにとらわれそうになったら、自分を叩きつぶしてやれ。」


「他人が笑おうがが笑うまいが自分で自分の歌を歌えばいいんだよ。
歌に限らず他人の判断ばかりを気にしていては
本当の人間としての責任がもてない。
もし自分がヘマだったら、”ああ、おれはヘマだな”と思えばいい。
もし弱い人間だったら”ああ弱いんだなあ”でいいじゃないか。」


「生活にはさまざまの条件がある。
ある程度それに順応しながら、
一方では純粋に孤独に己をつらぬくことができる。
相対的と絶対的の矛盾のなかに、
己をいかしてゆくのがほんとうの人間だよ。」


「孤独感にたじろいじゃって、逃避してしまっている。
ごまかしてしまっているところに虚しさがあるんで、
逃げない、ごまかさないで、積極的に孤独をつらぬけば、
逆に人間的にひらいて、みんなと一体になることができる。」


「眼の前にはいつも、なんにもない。
ただ前に向かって身心をぶつけて挑む、瞬間、瞬間があるだけ。」


「面白いねえ、実に。オレの人生は。だって、道がないんだ。
だからぼくは、“本職は人間だ”と答えてやるんだ。」







迷える若者、覇気を失った中高年(まーさんです・・汗)、
逆にますますお元気な老年の方々、
あらゆる人々の心にエネルギーを注いでくれる一冊と思います。


まーさんはこれから、もう一度本書を読みます。
“本職は人間だ”
心の底から、こう言い切ってみたいです。




”芸術は爆発だ”(岡本太郎)
↓●~*↓
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

応援クリックありがとうございます!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
あっという間に紫陽花が色付いてきましたね。
岡本太郎の言葉にはエネルギーがみなぎってますねー。

不躾かもしれませんが、もしかしたらまーさんは、自分がしたいことをするよりも、周囲から求められていることをせねば、という意識が強くないでしょうか?空気を読むのが上手くて、責任感のある方に多いと思います。その辺りで、自分をフランクに出してない印象を与えたのかしら?と思ったんですが。

私は子供の頃から人見知りで、友達も少なかったのですが、そんな自分を嫌と思ったことも、変えたいと思ったことないんです。


No title

こんにちは^^
興味深く読ませて頂きました。
もしかして、人の得手、不得手って表裏一体で、強さや弱さも相対的なものにすぎず、ある事に強い人が別の事に弱く、その逆もあるということなのかな、という気もしてきました・・・。
そんなに強い人なんて、いないのかもしれませんね(笑)

私は、ついマニアックな事で論文を書くのが好きで研究なんてしてきてしましたが、人前で話しをするのが苦手なので、まーさんが羨ましいです!!
文系の研究職は、日本では大学の先生しかありませんから、苦痛なんですよ。

喋るという事に関しては、私の場合、特に子供の頃は、相手の波長を受けて、それに合わせて喋るところがありました。
それで、相手が二人になると、もう自分の波長をどこら辺に合わせて良いのか、多少混乱して喋りにくくなったりしたんです(笑)
まーさんとは違うタイプの人見知りですね。
というか、私のが本来の「人見知り」だと思いますけれど(笑)

Re: No title

yuccalina様

こんにちは。
紫陽花の花が、あちこちで色づいてきましたね。
岡本太郎の言葉、久々に読んでまた勇気をもらいました!

yuccalina様のおっしゃるように、ワタクシは
「周囲から求められていることをせねば」
という意識が強いと思います。子供の頃からそうなので、
半ばそれが当たり前の事として生きてきたのですが、
よくよく考えると、これが実に息苦しいのであります。

周囲の意向を気にするあまり、
人とのおしゃべりでは聞き役に回ることが多く、
自分がしゃべりすぎていると思うと話すのをやめたり、
とにかく空気を呼んでそれに合わせねば、
という気持ちがすごく働きます。
他人から見るとそれが「ラフに話さない」と見えるのでしょうか。

しかし、実際ワタクシ、誰とでもどんな会話でも楽しく出来る、
というタイプではありません(笑)
相手が不快にならないように、頑張って頑張って会話をつなげる、
というタイプです。疲れている時はそれすら出来ません(爆)

「私は子供の頃から人見知りで、友達も少なかったのですが、
そんな自分を嫌と思ったことも、変えたいと思ったことないんです」
というyuccalina様は、ずっとずっと自然体で生きて来られたのですね。
他の人を羨ましいと思ってはいけないですが、
実際そんなyuccalina様が、ワタクシとても羨ましいデス(^-^;


Re: No title

Ariane様

こんにちは^^
コメントありがとうございます!

「もしかして、人の得手、不得手って表裏一体で、
強さや弱さも相対的なものにすぎず、ある事に強い人が別の事に弱く、
その逆もあるということなのかな、という気もしてきました・・・。」
そうか、そうですね!
確かにAriane様の仰る通りかもしれません。
強いばかりの人間なんて、この世に存在しませんね(^^ゞ

「文系の研究職は、日本では先生しかない」
これはかなりキツイことではないかと思います。
一流の研究者が必ずしも一流の先生(喋るのが得意)とは限りませんし、
ワタクシも大学時代、講義やゼミが苦手(だけど研究はすごい)
という方を沢山見てきました!

Ariane様も、学生相手に講義などされてきたのですか??
ワタクシは仕事として「人前で話す」のはそんなに苦痛ではないですが、
普通にママ友とか近所の人とかサークル仲間とかと、
井戸端会議的な話を繰り広げるのは苦手です(~_~;)
自分の話ばっかりしては失礼だし、かといってあたりさわりのない何を話してよいか
話題選びに気を遣ってしまい、会話が途切れてしまうんですよね・・・

結局子供の頃から「誰とでもすぐに仲良く打ち解けて」話すべきという刷り込みが、
今まで心の中に強く残っていたということですね。
「相手が2人になると、自分の波長をどこら辺に合わせてよいか、多少混乱して
喋りにくくなる」というのは、なるほど、分かる気がします。
子供のころ、ワタクシもその傾向ががあったかもしれません。

こうしてワタクシの些細な経験談をお話すると、
皆様から実に示唆に富んだ解答がいただけるので、
それがとてもありがたく思いますし、また興味深くもあります。
さらに深く、自分というものを発見できる機会をいただいているとつくづく思います。

プロフィール

まーさん

Author:まーさん
息子と夫と私、考え方も行動もてんでバラバラな3人で暮らしています(笑)でも仲良しです。
音楽、映画、読書が好き。芸術鑑賞、外国語、旅行も好きです。ゆ~る・じゃぱんでは、日本大好きまーさんが暮らしのに漂う日本の香り・日本文化をゆる~く綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。