スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まーさん超訳『竹取物語』~かぐや姫帝の召しに応ぜず昇天す⑫~

とうとう『竹取物語』、最終回となりました。

明日・7月1日は「富士山開き」。
そんな日にふさわしい、今日の最終回を
どうぞ皆様、最後までお読みいただければ幸いです。




まーさん超訳『竹取物語』
~かぐや姫帝の召しに応ぜず昇天す⑫~(最終回)




その後、翁と嫗は血の涙を流し心を乱したが、結局どうすることもできない。

あの、かぐや姫が書き置きした手紙を、周りの者が読んで聞かせても、

「何をしようとて命を惜しむのか。誰のために惜しむ命があろうか。

もう何も必要ない――」

と言って、薬も飲まない。

そのまま起き上がることもなく、病み伏せっている。



中将・高野のおおくには、

翁の家に派遣されていた家来達を引き連れ内裏に帰参し、

かぐや姫を戦い留めることが出来なかった旨、帝にこまごまと奏上する。

そして、不死の薬が入った壺に、かぐや姫からの手紙を添えて帝に差し上げる。



帝はその手紙を広げてご覧になり、ひどくしみじみと御心を打たれ、

その後は何もお召し上がりにならず、管弦の御遊びなどもなさらないのだった。



帝は、大臣・上達部などをお召しになり、

「どの山が天に近いか。」

とお尋ねになる。すると、ある人が奏上する。

「駿河の国にあるという山が、この都にも近く、天にも近うございます。」

帝はこれをお聞きになって、



あふこともなみだにうかぶ我が身には死なぬ薬も何にかはせむ


≪かぐや姫に会うことももう再びないゆえに、

とめどなく流れる涙の中に浮かんでいるような我が身にとっては、

不死の薬も何になろうか、いや何の意味もないものだ――≫



帝は、かのかぐや姫が献上した不死の薬壺に手紙を添えて、

御使いの者にお渡しになる。

勅使には、調(つき)のいわがさという人をお召しになり、

駿河の国にあるという山の頂上に持ってゆくようお命じになる。

そしてその山頂にて、御手紙と不死の薬壺を並べ、

火をつけて燃やすよう仰せになる。

その旨をうけたまわり、調のいわがさは、

士(つわもの)どもを沢山引き連れて山に登った。

それゆえ、この山を

「士に富む山」つまり「富士の山」と名付けたのである。



そして、その不死の薬を焼く煙は、

今もなお、雲の中へ立ち上っていると、言い伝えられている――







                 ◇






冷徹な天女・かぐや姫は、多くの人々との関わりの中で、徐々に人間性を獲得し、わけても帝との深い心のやり取りは、彼女を「あはれ」を解する“人間”へと変化させる契機となりました。
しかし運命は非情なもの。結局かぐや姫は、抗えない定めに従い、再び故郷である月世界(天上界)へと帰って行ったのです。

一方、残された帝は、姫から献上された不死の薬を「なににかはせむ」と放棄し、天へと返却するべく富士の山(士に富む山・不死の薬を燃やした山)にて燃やさせました。
手紙にしたためられた帝の思いは、不死の薬と共に煙となって天に上ります。
この「不死の薬が結局燃やされた」という結末は非常に重要です。なぜならこれは、「帝という最高位の存在が、不死となること(=天人となる事)を放棄し、喜怒哀楽・生老病死のある人間として(=あはれを解する人間として)生きることを選択した。」というメタファーにもなっているからです。

限りある命・苦の娑婆――だからこそ人間世界は、よりいっそう愛おしく美しく、あはれに満ちている――そんなささやかな人間賛歌を、作者は時を越えて、我々に語りかけているのではないかと思う次第であります。





参考文献
*『日本古典文学全集8 竹取物語 伊勢物語 大和物語 平中物語』(小学館)
*『岩波古語辞典』(大野晋 佐竹昭広 前田金五郎 編)





かつては煙立ち上る山だった富士山。
余韻に満ちた結末です・・・

  ↓☽☽☽↓
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

ポチッと押していただき、ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すばらしい。
調力作です。お疲れ様でした。

そうですねぇ~。
永遠なんてものは興ざめなものかもしれません。

ものごとは生生流転、諸行無常、
留まるものはなにもない。

日本人はそういうものに
あはれを感じた民族なのですねぇ。

Re: No title

sadafusa様

こんにちは。

『竹取物語』最後までお読みいただき
ありがとうございました!!

我々にとって『竹取』は、
子供のころ読んだ昔話的イメージが強いお話ですが、
どうしてどうして非常に奥深く、
神話と物語との過渡期文学ともいえる混沌とした様が、
読み手に様々なことを訴えかけてくる
すぐれた作品だと思っております。

「あはれ」というと『源氏物語』を思い出しますが、
さすが、紫式部が「物語の出きはじめの祖」と評した通り、
『竹取』のラストには、sadafusaさまのおっしゃるように、
有限にあはれを感じた民族性が表れていますね・・・


No title

まーさん、こんにちは^^
『竹取物語』の超訳、お疲れ様でした。
楽しませて読ませて頂きました。
富士山の名前の由来は、『竹取物語』にも関係しているのですね。

それにしても、不思議なお話でしたね。
この当時は、こうした話を皆が違和感なく受け入れていたのでしょうか。
前回のところで、天の羽衣を着た人は、地上の人間のような感情は一切なくなってしまう、というお話がありましたが、今、臨死体験をした人の話などを聞くと、妙に通じているものがあるような気がして、私は何だかリアルな表現だという感じがしました。

Re: No title

Ariane様

こんにちは^^
コメントありがとうございます。

随分長期にわたってしまいましたが(汗)
『竹取物語』最後まで訳すことが出来ました。
ここまでお付き合いくださいまして
ありがとうございました(≧▽≦)

仰るように『竹取物語』は本当に不思議なお話ですね。
それまでの神話とはまた異なって、
月世界から天人がやって来るというコンセプトは、
当時の人にはどのように受け止められていたのでしょう??
興味深いです。

臨死体験をした人は、天の羽衣を着た天人のように
地上の人間のような感情はなくなってしまうのですか!!
ということは、我々もこの世から去る時は、
振れ幅の激しい人間的感情から解放されて
心が湖のように静まって穏やかになる、ということでしょうか。

こればかりは、その時になってみないと分からないですね。
でも『竹取』の作者は、何らかの宇宙的体験をして、
それを物語にしたのではないか、と思ってしまいます。
それほどリアルですよね。
この話が全くのフィクションとして考えられたものだとしたら、
作者は想像を越えたとんでもないSF作家、
という気がします\(◎o◎)/!

超大作の翻訳、お疲れ様でした!
古文の苦手な私でもわかりやすく、とても面白かったです。

改めて、とても先進的なお話だなと思いました。昔でも臨死体験した人などはいるでしょうね。そういった人たちは、自分の経験したことをどのように周りに話していたのでしょうか?
かぐや姫誕生の秘話などが残っていたら楽しいだろうなと思いました。今となっては推察するしかできませんね。

Re: タイトルなし

凛様

こんにちは!
いつも、コメントありがとうございます^^

『竹取物語』、理系の凛様にも楽しんでいただけたということで、
ホッとしました(笑)

確かに、昔でも臨死体験した人っているでしょうね。
だからこそ、
「極楽は花畑のよう」
とか
「光に満ちている」
とか、現在の臨死体験をされた方と同じ言葉が
残っているのではないかと、ふと思いました。

作者は一体どのような人で、どのような考えの持ち主だったか、
想像すると、楽しいものです^^
いろんな妄想が浮かんできますね~~(笑)
プロフィール

まーさん

Author:まーさん
息子と夫と私、考え方も行動もてんでバラバラな3人で暮らしています(笑)でも仲良しです。
音楽、映画、読書が好き。芸術鑑賞、外国語、旅行も好きです。ゆ~る・じゃぱんでは、日本大好きまーさんが暮らしのに漂う日本の香り・日本文化をゆる~く綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。