スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽の力

「人生山あり谷あり」とはよく申しますが、
まーさんは現在、
人生の“谷底”におります(笑)

しかし底まで下りれば、後は上を見て進むばかり。
変化を恐れず楽しめば、光はこちらに差し込み、
新たな生き方への期待と開放感で、
心が洗い流されていくようでもあります。


          ◇


昨日は、息子の空手の稽古が終わるのを待つ間、
涼をとる気持ちで、ラヴェルの「水の戯れ」を
聴きました。



涼しい音楽といって思い出すのは、
以前もご紹介しましたが
ドビュッシーの「沈める寺」(過去記事はこちらです。)

しかし昨日はラヴェルの気分。
流れる水を感じつつ曲を聴き終えると、
音楽にたゆたう心地よさから離れがたく、
続いて、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」を、
同じく辻井伸行氏の演奏で聴きました。

不覚にも、涙してしまいました。
そして初めて、自分の鬱屈に気づきました。

「言ひたきこと言はぬは腹ふくるるわざ」とは、
吉田兼好も上手いことを言ったものです。

同様に、「したきこと成さぬは胸ふたがるわざ」
とでも申しましょうか――

可能・不可能ににかかわらず、
臆することなく常に新しい道、新しい生き方を
模索すること。
宇野千代のように
「思いついたらもう、体が動いていた」
という生き方をすること。
これこそが、ある種の理想だと感じます。

先日見たTVで、俳優の佐藤健氏が、
「(自分が)集中しているということは、
その事柄が楽しいという証拠」
と述べておられました。
確かにその通りです。
まーさんも今後の人生の一瞬一瞬が、
楽しいことで満たされた“集中”の時間の
積み重ねであるよう生きていきたいと
切に思いました。


          ◇


変わって今日は邦楽の気分。
朝から「筑前琵琶 平家物語『祇園精舎』」
を聴きました。
シブいです。カッコイイです。

カッコいいものに触れると、人は元気になりますね。

そのうちに、ふと思い出して聴きたくなったのが、
吹奏楽曲の数々(まーさんはかつて、吹奏楽部で
クラリネットを吹いておりました)。

以下は昔、全日本吹奏楽コンクール課題曲として
作曲された、三枝成彰氏の
「オーヴァーチュア”ファイヴリングス“」です。
NHKの時代劇「宮本武蔵」のための音楽を
吹奏楽用に編曲したもので、お気付きのように
“ファイヴリングス”とは
『五輪書』を意味するわけですね。



久々に聴きましたが、やはりカッコイイですね~~。
これでもかというティンパニーの連打にシビレます(笑)

そしてこの曲。
まーさんは演奏したことがないのですが、
たいへん有名な吹奏楽曲
J・バーンズの「アルヴァマー序曲」です。
(画が殺風景でスミマセン・・・)



美しいものやカッコいいものへの無邪気な憧憬。
漠とした希望や根拠のない自信。
そんなものに満ちていた
元気な子供時代の自分を思い出させる曲で、
思わず笑みがこぼれてしまいます。


          ◇


音楽には
過去を想起させ、現在を浄化し、未来を期待させる
不思議な力がありますね・・・。




皆さまにとって音楽とは…?
↓(≧▽≦)↓
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

応援ポチありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「人生、山あり谷あり」とは言いますが、
わたくしの実感として、山はほとんどなかったが、
谷だけはしっかり長かった、です。

しかもね~、この谷は山々が連なっておりまして、
山の尾根にそっていくとまた、谷があり、
これで終わりか、と思えば、黒部峡谷みたいなV字型の
ふか~い溝みたいな谷もありますのよ。

しかし、齢五十を過ぎて思いますには、
こんな深くて沈鬱な思いをしてきたからこそ、
ちょっとしたことでも非常にありがたく、感謝できます。

まぁ~、じゃ、今じゃ仏さんの境地なの?といわれれば
全然そんなことないんですけどね。

それこそお金がなくてなんにも出来ない時期もありました。

そういうとき、図書館へいってロハの本読み漁っていたりしてましたっけ。

音楽も大事ですね~。

そのときそのときで、自分が感動できる音楽って
変わって来るもんです。

私もラヴェルが好きです。
プレイヤーはランランが弾いたのが好きです。

ショパンも好きです。ショパンなら
フジコ・ヘミングがすきかなぁ~。


子供のときは本当に純真で、
川の水にぬれているただの石でさえ、きらきらと輝くのをみて
きれいでみとれていたことがあります。

毎日がまっさらな新しい日で
希望に輝いていた日、

そういう日を取り戻したくなりますね。


気持がどんよりするときは
疲れているのかも?

良く眠ることが必要かなと思いますよ。

No title

まーさん、こんにちは。

ラヴェル、良いですね。と言いつつ、ボレロ位しか知りませんでした。バレエリュス展を見て以来、ストラヴィンスキーを始め、あの時代の音楽に興味が湧いているのですが、まだまだクラッシックには疎い私です。

でも、辻井伸行さんのピアノって凄く優しさを感じます。

人生は毎日晴れの日ばかりでないですよね。土砂降りの日も必要だからあるんだと思うんです。大きな流れに逆らわず、身を任せるのが良いのかもしれません。

No title

私もたくさん谷がありましたが(笑)、あとから見れば、それは谷ではなく、方向転換の道しるべでした。

人生というものへの、ある種の信頼、それを持つことで、きっと、谷は谷で無くなる時が来ると思います。

Re: No title

sadafusa様

全くもって、人生谷あり谷あり、ですね(笑)

しかし「だからこそちょっとした事にも感謝できる」という
sadafusa様のお言葉に、やはり人生で無駄なことは
一つもないのだなあと、改めて思いました。

谷にいると、明るい方の道を探そうとして新たな冒険が始まります。
それが実に、不思議な高揚感をもたらしてくれます。
何でも面白がればいい、ってことですね~~。

ラヴェルはラン・ランが良いのですか!
それはぜひとも聴いてみたいです^^
(アルゲリッチとの連弾だけ、ちらっと聴いたことがありますが・・・)

ショパンはフジコ・ヘミング!!
ワタクシも同感です!!
この人も谷あり谷ありの人生だったと思いますが(笑)
その深い経験が音に現れていますよね。
前にもどこかに書きましたが、彼女の「革命」を聴いて
ホントにぶっ飛びました(@_@)

疲れている時は、よく眠ることが大切ですね。
ありがとうございます!!




Re: No title

yuccalina様

「ボレロ」、ワタクシも良く聴きます!
けれどバレエはTVでしか観たことがありません。
ぜひナマで観てみたいものです。

ニジンスカはバレエ・リュスを退団後「ボレロ」
の振り付けをしたんですね。

ワタクシはバレエ・リュス時代の振り付け作品である
プーランクの「牝鹿」という曲が好きです^^
学生時代、吹奏楽部の大会の自由曲として、
この曲を演奏する予定(先生が吹奏楽用に譜面を起こしてくれた)
でしたが、著作権の問題で演奏できなくなり、
急きょ違う曲に差し替え、というハプニングもありました(@_@)

顧問の先生が近代フランスとかロシアとかスペインとかが好きだったので、
ドビュッシー、ムソルグスキー、リムスキー=コルサコフ、アルベニス、
変わったところでコダーイなど、良く演奏していました。
懐かしい思い出です^^

yuccalina様の仰るように、土砂降りの日も必要だからあるんですよね。
流れに逆らわず、その状況を淡々ととらえると、
雲間から光が差してくるように新たな希望めいたものが見えてくる、
そこがとても面白いです^^

Re: No title

まるまるまるた様

> 私もたくさん谷がありましたが(笑)、あとから見れば、それは谷ではなく、方向転換の道しるべでした。
>
> 人生というものへの、ある種の信頼、それを持つことで、きっと、谷は谷で無くなる時が来ると思います。

いや~~~全くその通りですね!
「谷ではなく、それは方向転換の道しるべ」
・・・ですよね~~。ホントにそう思います。
今もそうですし、今までの谷底経験でもそうでした(笑)

人生は面白いと思います。
「無為自然」
水が上から下へ流れるように生きたいと・・・

まるた様の仰る「価値観を外す」。
ことあるごとに思い出すようにしています^^
また記事を楽しみにしております!!

No title

まーさん様は、今、谷ですか・・・
十分味わって、早く脱出できますように^^
私は、谷ばっかりで、時々平地に出るくらいです。
なんとなく、死なないように息継ぎをするために、
水面に顔を出すような感じです。
神様は、生かさず殺さずが好きなのか?
それとも、修行のために、こういう人生を自分が選んだのか(笑)

闇の中では、音楽は本当に救いになりますね。
私も昔、絶望感と不安感でワナワナしていたとき、
音楽が唯一の救いみたいなときがありました。
美しいものや気高いものに憧れていた純粋な時代でもありました・・・

突然話は変わりますが、
ザリ釣りの記事には、ほっこりさせていただきました^^

先日お邪魔した時は、息子が眠っている部屋で音楽が聞けなかったので、アルヴァマー序曲を聞きたくって再びお邪魔を〜。
私もホルンでひきました。懐かしい〜。
そんなに有名な曲だったんですね。かっこ良くて好きでした。

まーさんと私はサイクルが似ているような気がします。最近はいかがですか?

Re: No title

Korva様

早く脱出できますように、とのお言葉、
心に染みました。
ありがとうございました^^

やはり人間というものは、程度の差はあれ
常に何らかの苦を背負っているものなのでしょうか?
ブッダは「生まれることそのものが苦」と言っておられたようですが、
まあだからこそ、この波動の重い3次元に生まれたからこそ、
味わえる楽しみというものもあるわけですよね^^
「苦の娑婆」ですけど(笑)そこを面白おかしく味わいつつ、
生きていこうと・・(超楽観的(^^ゞ)

音の世界にはこれ以上ないほど精通していらっしゃるKorva様。
ワタクシとは比べ物にならないほど深い音楽体験が
おありになるのだと思います。

ワタクシもこれまでの人生で、どれだけ音楽に救われたか、
計り知れません。
「美しいものや気高いものに憧れていた純粋な時代」
自分にもそんな時があったことを懐かしく思い出します…

ところでザリ釣りの記事、読んでくださってありがとうございます!!
あの時釣ったザリさんは、今もウチの水槽で元気に生きておられます(笑)
100均で買ってきたザリガニのえさを、貪り食って?おります。
何となく、もうすぐ脱皮しそうに見えるのですが、
早く殻を脱ぎ捨ててところが見てみたいです(爆)

それから、遅くなりましたが拙ブログをリンクしていただき、
ありがとうございます!とてもとても嬉しいデス\(^o^)/
ワタクシも早速貴ブログをリンクさせていただきたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします。





Re: タイトルなし

凛様

再度のご訪問、ありがとうございます!!
「アルヴァマー序曲」凛様は演奏されたことがあるのですね~~
すごく吹奏楽っぽくてかっこいいですよね^^

ホルン!ですか。金管楽器の中では一番好きです^^
でも難しそう~~(@_@)
今は吹いたりはなさらないのですか?

「アルヴァマー」の最初に出て来るメロディで、
途中からオブリガートが入りますが、
あれはホルンですか?(ユーフォニウム、サックスですかね?)
何にせよ、ホルンの音は優しくて温かくてとても好きです。

ところで凛様とワタクシはサイクルが似ているのですか~~
最近は・・・そうですね、体調の面では持病の偏頭痛が頻繁に起こって
やっかいです(笑)先日は耳の聞こえが悪くて医者に行ったら
メニエール病と言われました(笑笑)薬剤師さんに「劇的にマズい」と
脅かされた薬(そんなに不味くなかったです)を飲んだら寛解しました^^
でもめまいは時々起ります。天気が悪い時とか・・・
この病気、疲れやストレスで、なるんだそうですね~~
心身ともに、もっと自分をよく見て大事にしないと、と反省です(^^ゞ

No title

こんにちは^^
毎日、暑いですね。

人生の谷底、なのですか。
お身体の事が関係なければ良いのですが・・・。
大概の場合は、まーさんもおっしゃっているように、行く所まで行くと、折り返し地点がありますよね。
私自身の場合、「もうこれ以上頑張れない」という所まで来て、それまで自分が排除してきた考えや選択の中に、解決策があることが分かったりするようなことがありました。
そして、それが分かった事が、自分にとって物凄い大きな収穫だったことを思うと、「谷底」があったからこそ、今の自分があると思います。

私もこの数年、自分のしたい事というか、すべき事ができていません。
新しいものへ変化する時、古いものがなくなって、新しいものが始まるのだとすると、一旦何もなくなる時期があっても、仕方ないのかなぁ、と思います。

音楽は、良い慰めになりますね。
音楽があるだけで、この世は何て素敵な所なんだろう、とも思います。

私もこのところ体調不良なのですが、体調は気力にダイレクトに影響を及ぼしますね。
夏は体力を消耗しますから、まーさんも、どうぞお気をつけてお過ごしください。

Re: No title

Ariane様

こんにちは。
本当に毎日暑いですね~~汗

ワタクシの体のこと、ご心配とお気遣いをいただき恐縮です。
幸い、数年前の大病関連では、特に問題は起きておりません。
ただ、持病の偏頭痛が悪化したり、メニエール病になったりと、
ストレスと疲れに要因のある体調不良は続いております(^^ゞ
ま、これもあれこれくよくよ考えず、淡々と受け止めれば、
それほどの苦痛でもないので、大丈夫です^^
しかし、痛みは思考を停止させ気力を奪うので、
薬を飲んでしまいます。投薬の量が増えて困っております(@_@)

> 私自身の場合、「もうこれ以上頑張れない」という所まで来て、それまで自分が排除してきた考えや選択の中に、解決策があることが分かったりするようなことがありました。
> そして、それが分かった事が、自分にとって物凄い大きな収穫だったことを思うと、「谷底」があったからこそ、今の自分があると思います。

Ariane様にもそのようなご経験があったのですね。

> 私もこの数年、自分のしたい事というか、すべき事ができていません。
> 新しいものへ変化する時、古いものがなくなって、新しいものが始まるのだとすると、一旦何もなくなる時期があっても、仕方ないのかなぁ、と思います。

ワタクシ、毎年決まったお寺に初詣に参るのですが、
そこで必ずおみくじを引きます。
いつも必ず、その時の自分にぴったりのご託宣がもらえるので、
心底驚くのですが、今年は「よろず古きものを捨て新しきものを求めよ」
とありました。
きっと今年は”脱皮”の年なのだと思います。
一旦何もなくなる、ってすごく必要ですね。
持っているものをなくす・捨てるのは勇気がいりますが、
捨ててしまえば新しい道が見えてきて、いっそ清々しいです^^

最近はずーっと音楽ばかり聴いています。
小池龍之介氏は著作の中で
「音楽を聴き続けるのは、雑念から逃げ出すための手段である」
とおっしゃっていましたが、確かにそういう一面もあるでしょうが、
「聴きたい聴きたい」という気持ちに素直に従い、
心が心地よい方向に向かうよう、日々を過ごしております。

Ariane様も体調不良が続いているとのこと。
今日はいかがですか・・・?
立秋とはいえ、まだまだ暑い日は続きそうです。
どうぞお体に気を付けて、お過ごしくださいませ。

No title

リンクの件、こちらこそありがとうございます^^
よく拝見するブログ様をブックマークみたいな感じで
勝手にリンクさせていただいていたので恐縮です。

あのときのザリさん飼っているのですね。
そういえば、最近、ウォーキングの途中、
池の傍の道にザリさんが上がってきていたので、
捕まえて池の中にジャボンと戻しておきました。

No title

こんばんは まーさんさん。
「水の戯れ」とても耳に心地いい音ですね。
音や香りはその人の記憶になりますね。
一瞬で蘇る記憶、本当に不思議な力がありますね。
まーさんさんのおっしゃるとおりです。

・・・少し心が疲れてらっしゃるのかしら?
人生の谷底ですか・・・抜け出せますよ。きっと。
こんなに素敵な感性をお持ちなのですから。
周りにたよって頑張りすぎないでくださいね。
人にたよってばかりの私が言うのも何ですが。うふふっ

Re: No title

Korva様

おはようございます^^

池の傍の道にザリさんが上がってきていたのですか!!
自分でそんなところまでやって来るのですね、驚きです(@_@)

子供の頃はザリガニってちょっと苦手(実は今も・・)
だったのですが、
飼ってみるとやはり可愛くなって
小さなはさみで器用にエサを食べる様子を
飽きず眺めたりしています(笑)

Re: No title

イヴまま様

いつもいつもお優しいお心遣い
ありがとうございます^^

頑張りすぎないことって大切ですね。
自分でも気づかないうちに頑張っちゃてることが
良くあるので、
まずはその癖を直すことから
はじめようかなあと・・(笑)

イヴまま様が人にたよってばかりなんて・・
滅相もございません!!
いつも自然体で温かく、それでいて何でもこなしてしまう
イヴまま様(驚)
ワタクシもそんな風になりたいです。
憧れの師匠でございます(≧▽≦)

ラヴェルやドビュッシーの曲は、涼しくて透明で大好きです。
音だけでなく香りもまた、
人の記憶を一瞬にしてよみがえらせてくれますね。
懐かしい思い出と香りとの連動、とても心震える事象です。

No title

まーさんさん、こんばんわ。

コメント欄でメニエールと聞いてびっくりしました。
あれは本当に症状が辛いと思うので・・。

誰にでも谷底な時期はあると思いますが、
それはきっと本当に大切なものに気づける時でもあると思っています。
あとは浮上するのを待つばかりと思いますので、
身体の力を抜いてゆっくりと浮上してくださいね。
徐々に明るい光が見えますように・・

おじゃまします

ずっと谷底にいる者です。夏だと涼しいか(笑

音楽はよいですね。
わたしの周囲にもラフマニノフファンは多いです。
わたしはどちらかと言うと、聴くときはラベル、ドビュッシー、フォーレ、サティなんかです。モーツァルトも気分によって。自分でフルート吹くときはピアノを誰かに頼んで、ヘンデルのフルート協奏曲から飽きもせず吹いています。現代音楽の話はよくしますが、その割には聴いてません(正直言うと)。
あと、鬱屈した時は、わたしはロックですね。
”NewOrder"を聴いてますと言いたいところですが(笑、実際いろいろです。夏ですと、これ以上脱力できないほどのヘロヘロしたところが魅力のDolphinBrothersなど良いかもです。鳴っていることを忘れて、他の曲をかけてしまった事もあります?!
済みません。つまらぬ話を。
また、こちらでもお待ちしております。

Re: No title

美憂様

こんばんは^^
返信が遅くなりました・・汗
台風の影響で持病の片頭痛が・・
薬で何とか凌いでいます(^^ゞ

体調についてご心配とお気遣いをいただき、
ありがとうございます。
美憂様は医療の専門家でいらっしゃるので、
メニエールのことも良くご存じのことと思います。
幸い、それほど症状は重くなく、
一週間の投薬で寛解いたしましたので、
自分では不幸中の幸いと思っております^^

「谷底は本当に大切なものに気づける時」とは
まさしくその通りだと思います。
壁にぶつかったら方向転換するように、
今は新しい道の可能性も見えてきて、
逆に面白いと感じています。

温かい励ましのお言葉、ありがとうございます!
眉間にしわを寄せて深刻ぶることなく、
美憂様の仰るように身体の力を抜いてゆっくり浮上したいと思います。
こうしていただいたお優しさに、いつも救われております。
本当に感謝してもしきれません。

Re: おじゃまします

GOMA28様

ご訪問ありがとうございます!!
とても嬉しいです^^

谷底は・・・涼しくて心地よいですね(笑)
鬱蒼とした緑、水のせせらぎ、薄暗い中のかすかな光。
少し心細さを覚えるあたりが、逆に心を刺激します。

ラフマニノフの攻め寄せるような鬱々とした感じが、
沈んだ心を更に沈ませるようで、どっぷりと
「ああ、ええわ~~」となってしまいます(爆)
ワタクシもラヴェル、ドビュッシー、サティ、大好きです。
あと、モンポウ、プーランクなんかも。
ベタですがショパンも好きです。妊娠中はなぜかモーツアルトが
お気に入りでよく聴いていました。

GOMA様はフルートを吹かれるのですね!ヘンデルですか!
ピアノを弾いてくれる方がいらっしゃるとは羨ましいです^^

Dolphin Brothers聴いてみました。
ゆる~い感じが確かに夏にぴったりですね~~(笑)
ワタクシは子供の頃、YМОが大好きだったんですが
New Orderはまたちょっと違ったテクノダンス音楽なんですね。

ワタクシロックはあまり詳しくないのですが、
20代の頃はスマッシング・パンプキンズとかレディオ・ヘッドとか
めちゃくちゃ聴いておりました。
通勤の車中でガンガンかけてガシガシ運転してました(苦笑)
あ、帰り道はもっぱらJAZZでしたが。

いろいろ思い出してしまいました。
また貴ブログにお邪魔させていただきます。
記事を楽しみにしております。



プロフィール

まーさん

Author:まーさん
息子と夫と私、考え方も行動もてんでバラバラな3人で暮らしています(笑)でも仲良しです。
音楽、映画、読書が好き。芸術鑑賞、外国語、旅行も好きです。ゆ~る・じゃぱんでは、日本大好きまーさんが暮らしのに漂う日本の香り・日本文化をゆる~く綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。