スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢野顕子『ラーメン食べたい』と、和食のグローバル化

まーさんの愛用する手帳は、
糸井重里氏プロデュースの『ほぼ日手帳cousin』です。
非常に使い勝手の良いシロモノで、
スケジュールから日記、覚え書き、スクラップなど、
あらゆる必要事項を一冊に網羅することができます。

この手帳のユニークな点は、1日1ページの日記欄・欄外に、
「日々の言葉」(「ほぼ日刊イトイ新聞」からの抜粋)が
載せられていることです。
時には笑い、時には唸ってしまう言葉の数々。
毎日ページを開くたび、
そこから不思議なインスピレーションをもらえる気がします。




ところで先日、8月25日・26日の「日々の言葉」には、
こんな文章が載せられていました。

『ラーメン食べたい』は矢野顕子さんの作詞ですけど
あの歌のすごさは、ラーメンというものがひとりの象徴だからです。
鍋とは対極にあるもので、ひとりきりで最初から最後まで食べる。
あの歌にみんなが共感するのは
みんながひとりぼっちになったことがあるからです。
―――糸井重里が『矢野顕子の音楽の稽古場』の中で

ラーメン食べたいってときは、
ラーメンしか食べたくないじゃない?
うどんで代用きかないんです。
いまの「あ゛ーーー」という気持ちを
歌にしたんですよ。
―――矢野顕子さんが『矢野顕子の音楽の稽古場』の中で




なるほど、糸井氏の解釈「ラーメンは一人の象徴」・・・
うむむ、すごいですね、その通りです。参りました。
「みんながひとりぼっちになったことがあるから、あの歌に共感する」
って、確かにね~~。

子供の頃この歌を聴いた時、まーさん、いまいち歌詞の内容に
ピンと来るものがありませんでした(苦笑)。
そして当時、細野晴臣氏がラジオで
「アッコちゃん(矢野氏)の『ラーメン食べたい』はキツイよね~~」
と仰っていたのも、実はよく理解できていませんでした。
しかし今は・・・痛いほどよく分かります(涙)




ということで、我らがアッコちゃんの『ラーメン食べたい』を
(よろしければ)お聴き下さい。

・・・

いかがでしたでしょうか。
イヤ~~大人の歌ですね~~。

♪男もつらいけど女も辛いのよ
♪友達になれたらいいのに

って、ホントにねえ、とため息ついてしまいます(笑)




ここで少し話は飛びますが、
先日YouTubeで清水ミチコ氏のラジオ番組
(アッコちゃんがゲストでした)を視聴していましたところ、
彼女から、ラーメンについての面白い話が飛び出してきました。



うむむ・・・アッコちゃんの熱烈なファン、
ナイツのお2人のトークがさく裂していましたが――

現在ニューヨークにお住いのアッコちゃんは、
「日本に帰っていらした時は何を食べますか」との質問に
「やっぱりラーメンかなあ」と答えていらっしゃいました。
そして今、ニューヨークではラーメン――
とりわけ、とんこつラーメンの人気がすごく、
あの『一風堂』が大成功を収めている、
というお話も飛び出しました。

これはまーさん、初耳でした。近頃外国人に、
ラーメン好きが増えていることは知っておりましたが、
まさかあの、クセのあるとんこつラーメン
(の『一風堂』)が人気を博しているとは。
一体どうやって『一風堂』は、
ニューヨーカーの心を掴んだのでしょうか??




と疑問を持っていたところ、たまたま読み始めたこちらの本に、
『一風堂』についての興味深い記述がありました
(何だこのシンクロは・・!!次々と情報がリンクしていく・・!!)

和食の知られざる世界 (新潮新書)和食の知られざる世界 (新潮新書)
(2013/12/14)
辻 芳樹

商品詳細を見る


著者の辻芳樹氏によれば、「和食」が異文化で成功するために
絶対必要なものは「変換力」だと言います。
そして今、ニューヨークで大成功を収めている『一風堂』には、
その「変換力」が備わっているというのです。

具体的には・・・
『一風堂』ニューヨーク店では、『赤丸新味』や『白丸元味』といった、
日本国内でも大人気のラーメンをそのままの味付けで用意する一方
ニューヨークならではの一工夫=「変換」を行っているとのこと。
その変換とは――
驚くべきことですが、
店での食事全体を「コース料理」にしているというのです。

えっ?? ラーメンでコース料理・・・
一体どのようにしたらラーメンがコースになるのでしょうか
(まず日本では考えられませんが)。

氏によれば、『一風堂』ニューヨーク店では、
欧米の「食文化」(最初にウェイティングルームで食前酒と会話を楽しみ、
それからメインディッシュに移る)に則り、
店内にカウンターコーナーを設けて食前酒と前菜を振る舞い、
会話も気持も弾んだところでメインのラーメンが出てくる、
という一連の流れが作られているというのです。
そうやって人々は店内で二時間以上を過ごし(驚)、
一人5000円(約50ドル)を払っていくとのこと(驚驚)

ラーメン店で5000円――日本ではありえない金額ですが、
これこそが『一風堂』の成功の秘訣だと辻氏は言います。

氏の論を一部抜粋します。

つまり『一風堂』は自ら絶対の自信を持つラーメンの味覚を、
それだけで勝負したわけではない。ラーメンという日本の単品料理を、
欧米人の「食文化」の流れの中に入れ込む「変換」を施した。
その結果、大成功を得たのである。


なるほど、「和食」のグローバル化には、
この「変換力」こそが必要不可欠なのですね。納得です。




本書『和食の知られざる世界』は、
辻調理師専門学校校長・辻調グループ代表の辻芳樹氏が、
料理研究者として名高い父・辻静雄氏から受けた英才教育をベースに、
和食の現状と未来を鋭く論じた一冊であります。

2013年、「和食」はユネスコの無形文化遺産に登録されましたが、
今後その「和食」がどのような方向に向かうべきか、
驚くべき知識と経験をもとに、氏はグローバルな視点から
その希望的未来と問題点を余すところなく語っておられます。

実はまーさん、本書を読み始めたばかりでして、
まだ最後まで読み通してはおりません(汗)。
読了しましたら是非、皆さまにその内容と感想を
お伝えしたいと思っております。

いま、世界は空前の「和食」ブーム――
だからこそ一度、我々日本人も「和食」に対し、
閉じられた輪の中での近視眼的な見方を離れ、
俯瞰的視点をもって眺めることが肝要かと思われます。
そうすることで、
ひいては「世界における日本(人)の振る舞い方」を考える
一つのきっかけを得ることが出来るのではないかと、
少々大袈裟ではありますが、そんなことをつらつらと、
考えたりするのであります。


「ラーメン食べた」くなった方はぽちっと!
↓(≧▽≦)↓
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

ありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お別れ・・・。

鍵コメ様

ご丁寧な返信ありがとうございます。

気持ちの落ち込みが体調に影響を及ぼすこともままありますので、
どうぞ無理なさらず、お過ごしになられますように。

またブログ上でお話しできるのを楽しみにしております

No title

まーさん、こんにちは^^
ついこの前、久しぶりに一風堂に入りました。
ニューヨーク店を出して大成功しているとは、知りませんでした。
ラーメンでコースにして一人前5000円とは、すごいアイデアですね!
普通の日本人の感覚では思いもよりませんが、言われてみると、なるほどという気もしますね。

ラーメンのお話を伺っていたら、急にお腹が空いてきました(笑)
いつもより早めですが、そろそろ、お昼ご飯を食べようかと思います。

Re: No title

Ariane様

おはようございますv
「一風堂」に入られたのですね!
美味しいラーメン、ワタクシも食べたいです!
横浜ラーメン博物館が大好きなので、
久々に行ってみたくなりました。
確か「一風堂」もそこにあったような…

日本人にとってのラーメンは、
「孤独のグルメ」ですが、
「みんなで楽しくコース料理」にしてしまう
という発想は、すごいと思います!(◎_◎;)

No title

おはようございます。
女の辛さ、男の辛さ、やっぱり大人になってこそ身に滲みるものですから、子供にはなんのこっちゃ分からなかったのも当然でしょうか。元夫の坂本龍一氏もこの一節にやられたと言ってた気がします。

ところで、ラーメンが海外でブームなのは、あの評論家の石神氏がテレビでお話してました。彼が言うには立派な文化遺産であると。実はラーメンがここまでたどり着くには様々なブームと過渡期を経て進化している。博多から始まったご当地ブーム、豚骨、鶏がら、魚介、野菜から生まれた幾多の組み合わせで深まったダシ、トッピンクに凝って見たり、オイルを足して見たり、はたまたつけ麺が生まれたりと、これからも進化し続けるんではないでしょうか。

Re: No title

yuccalina様

おはようございます。

『ラーメン食べたい』の歌詞に、龍一氏も同じような感想を寄せていたのですね^^
あれはやはり、大人の心に沁みる曲です。
特に男の人にとっては、きついんじゃないでしょうか??(笑)

ラーメンて、ホントに奥が深い料理ですね。
スープ、麺、具材、はたまたおっしゃるように「つけ麺」という新しい形も生まれ、
追求の限界がない、ブラックホールのような料理かと・・
しかし、料理というもの、またスポーツや芸術など、どのような世界も
同じ事が言えるかもしれませんね。
進化・深化に際限はないという・・

No title

昔から芸能界に疎かった凛は、矢野さんがこのような歌を歌われていたとは知りませんでした〜。

ラーメン食べたい…。
これ、海外在住日本人を度々苦しめる犯人なんです。
どのくらいかというと、昔、留学するまでラーメンが好きではなかった私に、インスタントラーメンを懐かしいと食べさせ、ラーメン好きにしたぐらい(笑)

今ではラーメンのお店もそこそこ出来ましたが、ラーメン天国県出身の私にはまだ一度もリピートしたことのあるお店がありません。
ところが、最近オープンした豚骨ラーメンの店は、同郷の人も太鼓判を押しているとか!
すぐに行ってみたい衝動に駆られましたが、もうすぐ帰国だからと我慢。

そうしたら、先日、夫に、あそこのラーメン、なんと$20もするらしいよ〜、という衝撃の情報が‼︎
ラーメンに$20って…。なに、その超強気のお値段。
関東に住んだときに、ラーメンが1000円ぐらいするのも衝撃でしたが、その更に2倍!

帰省中に堪能することにします…(~_~;)

No title

ラーメン食べたい・・初めて聞きました!
真面目に歌ってるんですね。笑
中盤からは普通の歌詞になったので安心しました。
一風堂というのも聞いたことはありませんが、NYで5千円ですか。
日本での値段がどれくらいか分からなかったら、そういうのもあるのかもしれませんね。
一風堂のラーメン、一度食べてみたいです。^-^

Re: No title

凛様

こんにちは^^
久々の日本はいかかですか~~満喫されていますか??

凛様の地元はラーメン有名ですものね~~
もう召し上がりましたか?

一風堂は「女性が入れるラーメン店」をコンセプトに打ち出し、
日本国内で大人気となったお店ですよね。
さすが目の付け所が違う。
ただ美味しければいいというのではない、
いかにしてお客様を呼ぶか、という経営の目線に
優れていますね。

海外にいるとやはりラーメンが食べたくなるのですか!!
しかし$20とは!!!
す、すごいお値段です・・・汗
海外の日本食は本当に値段が高いデスな~~
先日もPTAの役員仲間のご主人が、海外出張で
あまりにも日本食の値段が高いのでビックリし、
思わず料理の写メを送ってきた、という話を聞きました(笑)

Re: No title

yoyo様

こんにちは^^

『ラーメン食べたい』を初めて聴いたのは
子供の頃でした。
歌といえば恋愛もの、という先入観のあったワタクシは、
この歌を聴いて「へえ~~こんな面白い歌もあるんだ」
と、ちょっと驚いた記憶があります。

「一風堂」は、女性がひとりでラーメン店に入ることを可能にした、
その道の先駆け的お店であるようです。
日本国内ではあちこちに店舗があります。
豚骨ラーメン、最近食べていないので、
久々に食べたいですね^^

しかし日本には、ラーメンをはじめとして実に様々な単品料理の店が
存在しますね。
これは驚くべき特徴であると、例の辻芳樹氏も著作の中でおっしゃっていました。

飲食店の種類や在り方は、その国の(食)文化と密接なかかわりがあり、
人々のライフスタイル伝統、何を大切にしているかが見えて来て
とても面白いと思います。

ラーメン食べたものです(笑

いつもお世話になっております。

コメント書き始めましたら、長くなったので、わたしのブログ記事として書いてしまいました(笑
ひとつお暇なときにでも、お越しくださいませ。

宜しくお願いします。


確認用キーワード設定はすべきですね。今気がつきました。

Re: ラーメン食べたものです(笑

GOMA28様

そうですか!
ラーメンの記事を書かれたのですね^^
何だか嬉しいですなあ~~(笑)

早速ブログにお邪魔致します(≧▽≦)

No title

まーさんさん、こんにちは!
初めて聴く曲ですが、
なかなか衝撃的ですね~。

たしかに一人になりたいときって
あるように思います。

でも、私の場合
まず一人でラーメン屋に入る勇気がないので
まずはそこから克服しなければー!
あっ、ラーメン食べたくなってきました(笑)

Re: No title

美憂様

こんばんは^^
「ラーメン食べたい」聴いていただきありがとうございます!
ラーメンて、基本「一人で食べるもの」という気がします。
糸井さんもおっしゃるように「孤独」を意識する食べ物ですね。
ニューヨークの「一風堂」では、全然そうではないようですが・・・

ワタクシもラーメン店にひとりで入るのはちょっと躊躇します(汗)
牛丼屋には、勇気がなくて一人で入ったことがございません。

美憂さんはとても上品でいらっしゃいますので、
ラーメン、牛丼を一人で召し上がっているところなど、
全く想像がつきません!
プロフィール

まーさん

Author:まーさん
息子と夫と私、考え方も行動もてんでバラバラな3人で暮らしています(笑)でも仲良しです。
音楽、映画、読書が好き。芸術鑑賞、外国語、旅行も好きです。ゆ~る・じゃぱんでは、日本大好きまーさんが暮らしのに漂う日本の香り・日本文化をゆる~く綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。