スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の歌舞伎見物♪

二十四節気では「白露」、
七十二候では「鶺鴒(せきれい)鳴く」にあたる今日。
外はすっかり秋の気配に包まれています。



          



昨日はまーさん、新しく作ったメガネを
銀座まで取りに出かけました。
ここ最近、手元が見えづらくなったため(@_@)、
新しいメガネは少しそれ用(つまり老眼)
も入ったレンズにいたしました(涙)
皆さま、老眼は30歳代からすでに始まるとのこと。
ご油断召さるるな!!



で、そのついでに、久々の“歌舞伎見物”をばいたしました。
息子が帰宅する前に帰らねばならないので、
最初の演目だけ幕見(昼の部・夜の部をそれぞれ通しで見るのではなく
好きな幕だけを4階の一幕見席で観ること)で観ました。
学生の頃はちょくちょく足を運んでいた歌舞伎座ですが、
このところすっかり足が遠のいております――

IMG_0913_convert_20140913191046.jpg


『秀山祭 九月大歌舞伎』昼の部最初の演目は、

「鬼一方眼三略巻 菊 畑」
吉岡鬼一法眼      中村歌六
虎蔵実は源牛若丸    市川染五郎
皆鶴姫         中村米吉
腰元白菊        中村歌女之丞
笠原湛海        中村歌昇
智恵内実は吉岡鬼三太 尾上松緑


です。



芝居の内容を、チラシのあらすじよりご紹介します。

【菊畑】
華やかな菊畑を背景に繰り広げられる時代物絵巻

見事に菊が咲き誇る兵法学者の吉岡鬼一法眼の館の庭。
かつて源氏に仕えていた吉岡三兄弟の長兄である鬼一は、
今は平家についています。
その鬼一の館に奉公している奴の智恵内は、
実は秘奥の虎の巻を手に入れるために姿を変えた鬼一の弟鬼三太で、
敵方の平家に与する兄の真意を探っています。
主君である牛若丸もまた、平家討伐の大望を抱きつつ、
虎蔵という奴に身をやつし、奉公をしています。
鬼一の娘皆鶴姫は以前から、虎蔵にいちずな恋心を寄せていましたが、
二人の素性を知ってしまい…。
満開の菊畑を背景に、歌舞伎ならではの役柄が様々登場する
華やかな一幕です。




ということで、
急いで席を確保し(幕見は自由席で、席が埋まってしまったら立ち見です)
始まりを待ちました。

IMG_0938_convert_20140913191121.jpg


周りを見ますと、前の席は外国の方、
左隣は歌舞伎を初めてご覧になるといった風情のご両親とお嬢さん、
右隣は恰幅のよい紳士でした。

そうこうしているうちに拍子木の音、三味線に義太夫が始まり・・・
これだけでもうワクワクしてしまいます。
菊花の美しい舞台、役者の登場――

久しぶりに観る歌舞伎、あっという間の30分でした。
驚いたのは、右隣の紳士。
なんと大向こうの人(掛け声をかける人)でした。
こういう方の隣に座ったのは初めてです。

「音羽屋ッ」
「播磨屋ッ」
「五代目ッ」(中村歌六さんのこと)
「高麗屋ッ」
「染高麗ッ」(市川染五郎さんのこと)

と、ベストタイミングで声をかけていらっしゃいました。
カッコイイですね~~




とまあ、久々の歌舞伎に満足してちょうどお昼。
昼食は、以前から気になっていた
「歌舞伎そば」に行ってみることにしました。

IMG_0933_convert_20140913191155.jpg

ここは歌舞伎座の裏手にある、かき揚げ蕎麦で有名なお店です。
12時ちょっと過ぎに行ったのですが、もう店の外まで列ができていました。
しばらく待って中の待合椅子に腰を掛けると、
お客さんはサラリーマン(おぢさん)ばかり。女性はまーさん一人でした(^^ゞ
券売機で食券を買うのですが、一番人気は「冷たいかき揚げ蕎麦」とのこと。
確かに蕎麦は、冷たい方がその味と香りを堪能できますが、
この日の気分は温かい蕎麦でしたので、
まーさんは「温かいかき揚げ蕎麦」にいたしました。

お店はとても回転が良く、店のおばさんが食券をあらかじめ預かり、
席に着いたと同時に注文の品が出て来ます。
皆黙ってズルズルっと蕎麦をすすり、
「ごちそうさま」と言いながら器を前のカウンターに置いて、
さっと席を立ちます。
う~ん、いかにも江戸の蕎麦って感じです。
(もともと蕎麦は、江戸の町ではファストフードで、
ちょっと小腹が減った時にズズッとやる、といった食べ物ですから)
まーさんも、周りのおぢさん達同様、一人でズズッと蕎麦をすすり、
玉ねぎと長ネギがたくさん入った甘くて大きいかき揚げにかぶりつき、
あっという間に平らげて「ごちそうさま」っと席を立ちました。
かき揚げがボリューム満点で、おなかいっぱいです。
これで470円でした(安っ)。

それからこの日のメインであるメガネを受け取り、
前から目をつけていた、“群馬県のアンテナショップ”で
県民のソウルフード・名物「焼きまんじゅう」を買い、
ついでに三越もちょっとひやかして、帰路につきました。

「焼きまんじゅう」については、この日の朝から
「あの“群馬県アンテナショップ”でぜひ買って帰ろう」
と密かに計画していたのですが、
なぜそんなことを思いついたかと申しますと、
ある漫画を読み、そこに「焼きまんじゅう」が出て来て、
とても美味しそうだったからなのであります。その漫画とはこちら。

いつかティファニーで朝食を 1 (BUNCH COMICS)いつかティファニーで朝食を 1 (BUNCH COMICS)
(2012/09/07)
マキ ヒロチ

商品詳細を見る


最近まーさんは、ものすごく漫画にハマっておりまして、
とにかく漫画を買ったりレンタルしたりして、
ひたすら読み漁っております(汗)
良書にもたくさん出会いましたので、
近々当ブログでもご紹介できればと考えております。

IMG_0937_convert_20140913191238.jpg
帰宅後、パッケージの説明に従って、自宅で作ってみた「焼きまんじゅう」
丸いパンのようなまんじゅうに、甘いみそだれをつけて網で焼きます。
フライパンやオーブントースターでもOK。
すごく美味しいです!!         




PTAの仕事やら片頭痛やらで、
中々更新のままならない当ブログですが(謝)、
書きたいことは胸の内に色々とストックされてはおります。
しかし、「書く」という行為は、皆さまもご存じの通り、
それなりに気を遣う作業でして、
人様の目に触れるものであるとなれば、
ましてやいい加減なことを書き散らす訳にもいかず、
拙文とはいえども多少の推敲はしている(つもりな)のであります。
そういう一連の作業が、多忙・体調不良の折は
どうにも億劫になってしまうのでございまして・・・(泣)。




まあブログというものは義務ではありませんので、
気分の乗った時にゆるゆるとアウトプットできればそれで良いかな、
と思い、自分を追い詰めないようにしている次第であります(笑)




では皆さま、秋の三連休をどうぞ楽しく過ごされますよう、
また季節の変わり目ですので、お体に気をつけられますよう、
お祈りいたしております。



芸術の秋、読書の秋。スポーツもまた楽しいですね。
↓(^^♪↓
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

応援ポチ、ありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わたしも、実は舞台芸術は大好きな口でございまして、
色々観に行きました。

実は、先日、とうとうついに宝塚デビューしてしまいまして、
大スター明日海りおさん演じるトートの、
「エリザベート」みてきましたわよ!

それはともかく、実は歌舞伎が大好きなの!
でも、他にもいろいろ見たいからだいたい年末の顔見世ぐらいしか
いけないんだけど、
去年は海老蔵の「伊達の十役」を通しで観ました。

やっぱり、関西と関東では、演目にかたよりがあるのかしらん?

みたことないのばっか。

今度は、新国立劇場でバレエみるだけじゃなくて、
歌舞伎座にも行かねば…。


マンガは好きなのですが、
長男の持っている(私が決して読むことない)マンガが
多くて…
そして、重たくて、

最近、とても困っています。

レンタルして読んでいるのですか?
ツタヤとか?

また、詳しい情報オシエテクダサイ。

歌舞伎ですか。いいですね。

いつもお世話になっております。

伝統芸能に自然と馴染んでらっしゃるのですね。それは羨ましい。
わたしは所謂、ジャパネスクに弱くて、憧れはあるものの、一定距離を持ち続けてきました。しかし、記事を拝読しますと、その魅力がひしひしと感じられます。ただ古典芸能などは奥が深いため、入ってみようとする前に、めんどくさくなってしまうのですね。しかも出不精でもあり(笑。

ご紹介漫画は興味をもち、Amazonに入って確認しました。結構、評価の極端に分かれる作品なのですね。わたしは、最近の漫画はまったく見ていないので、何とも言えませんが、日常的な食と人間ドラマの絡むお話なら、直ちに自分のそれとの対比構図も出来てしまい賛否両論が渦巻くのも分かる気がします。(超越的な勇者ものと違い)。
でも、面白そうですね。食絡みだと。

わたしも今忙しく、ブログ更新の時間も覚束無い状況です。
本も読む余裕がなく、空気が薄く感じられる今日このごろです。

また刺激を頂きにまいります。

Re: No title

sadafusa様

で、いらっしゃいますでしょうか~~(^^)

舞台芸術、ワタクシも大好きです!!
芝居にハマったのは中学生のころ。
当時、野田さんの夢の遊民社、
鴻上さんの第三舞台などが
大流行りしておりまして、
ミーハーなワタクシはその流れに乗って
すっかり芝居好きになったのでございます(笑)

歌舞伎・文楽は大好きで、学生の頃よく見ていました。
「染五郎キレイ~~」とか、これまたミーハーに
追っかけ的に観てもいました(笑)

宝塚、行きたい行きたいと思いつつ、未だご縁がありません。
「エリザベート」ご覧になったのですね。
羨ましいデス!!
私も是非、近々宝塚デビューしたいと思います(≧▽≦)
バレエやオペラ、観たいものは沢山です。

漫画はご指摘の通り、TSUTAYAでレンタルしています(^^ゞ
10冊で640円、安いです!
一度読み始めると止められなくなって、次々借りてしまっています。
息子に「お母さん、漫画読み過ぎ」と言われ、
ゲームやりすぎの息子に言われたくないわ、と思ったり(苦笑)

長男さんの持っていらっしゃる漫画って、どのようなものでしょう?
漫画は買い始めると本当に場所を取って、片付けに難儀しますね(汗)


Re: 歌舞伎ですか。いいですね。

GOMA28様

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます^^

ワタクシ、大学で日本語日本文学を専攻しておりましたので、
歌舞伎・文楽などは、とてもなじみ深い芸術なのであります。
友達もみんな観ていましたし、母や叔母も好きだったので、
よく一緒に歌舞伎座に行きました。
普通のお芝居と違って、歌舞伎は通しで見ると4時間ぐらいかかりますが、
その代り休憩時間が長く、座席でお弁当を食べることもでき、
江戸時代の「芝居小屋」の風情が残っていてとても面白いです。

「いつかティファニーで朝食を」ご覧になったのですね。
賛否両論ある作品なのですか。知りませんでした。

この漫画、いつだったか朝のTV番組で紹介されていて、
ちょっと記憶に残ていたので読んでみました。
深いテーマ性のある漫画ではありませんが、
アラサー女性の揺れ動く心や悩み・日常生活が、
とても良く描かれているという印象を持ちました。
「あるある、こんなこと!」と、女性の共感を呼ぶ内容ではないかと・・・
また、主人公はで美味しい朝食を求めてあちこちのお店に行きますが、
それは全て実在のお店で、最後に写真付きでそのお店が紹介されている、
というところがポイントなのだと、TVでは解説していました(笑)
女版「孤独のグルメ」といったところでしょうか??

GOMA様、今お忙しいのですね。
読書もままならない状況、何とも歯痒いものです。
どうぞ無理なさらず、ご自愛くださいませ。
ではまた、貴ブログの記事、楽しみにしております!!

No title

こんにちは。
歌舞伎の幕見、はじめて知りました。安くて手軽に見れて、運が良ければ掛け声を間近で聞けるのですね。私は一度新橋でスーパー歌舞伎を見ただけなので、古典も見たいと思ってたんです。歌舞伎座も見たいし、いつかチャレンジしてみたいです。

Re: No title

yuccalina様

おはようございます^^

歌舞伎座の幕見、とても良いですよね。
ちょっと時間が出来た日に思いつきで出かけて、
ぱっと観てぱっと帰れる、しかも料金が安い!
すごく得した気分になります(笑)

幕見は、開演の30分前からチケット発売なので、
人気のある演目は早くからお客さんが並んでいますが、
席にこだわらなければ発売時間ギリギリに行っても
大丈夫かと思います^^

大向こうの人は3階席、というイメージを持っていたのですが、
一幕見席にもいらっしゃるんですね。
歌六の引っ込みの時の「五代目ッ」と
幕引きの時の「染高麗ッ」はカッコよかったです!


No title

まーさん、体調大丈夫ですか?
ご無理なさらないでくださいね。

歌舞伎ってそんな見方があるんですね。知りませんでした。
一度みてみたいなと思いました。
声かけの方って、一般の方なのでしょうか?それとも演出の一部?

江戸っ子風に蕎麦をすするまーさん、カッコいいです\(^o^)/
おっとこまえ〜!

No title

教養のない私、歌舞伎って観たことがないのです。
機会があったら楽しんでみたいなぁ

ティファニー・・・の漫画、面白そうですね。
ヘップバーン大好きなので気になります。
私の愛読書は動物のお医者さんです。
ご存じかしら?
PTAは行事盛りだくさんの時期ですものね。
お互い楽しみながらゆるりと行きましょうー♪

Re: No title

凛様

こんにちは!
体調についてお気遣いいただき、ありがとうございます。
いつも凛様のお優しいお心遣いに励まされております(涙)
なるべく無理せず、やっていきたいと思います!

今度帰国されてこちらにいらっしゃる時は、
ぜひぜひ幕見をご利用くださいませ。
時間も短いし、料金も手ごろですし、
ちょっとした優雅な時を堪能できると思います^^

大向こうの人は「掛け声の会」というのに所属し
料金を払わず入場できる許可証を、劇場からもらっているようです。
この方々はどの場面でどう声をかけるか、
芝居の流れやタイミングを熟知しているんですね。
たまに、一般の方でも掛け声をかける人がいるみたいですが、
中々素人には難しいように思います。

江戸っ子の蕎麦通には憧れますね~~!
よく噺家さんなどでいらっしゃいますが、
夕方ごろ、ふらりと店に立ち寄り、
つまみとお酒をちょっとやってから、
おもむろにそばを注文、ズズッとやってさっと帰る。
粋ですね~~
まーさんもおぢさんに混じって、ズズッとやってみました(笑)
ちょっと場にそぐわない、浮いた存在になってましたが…wwwwww

Re: No title

イヴまま様

こんにちは^^
お忙しい中、コメントありがとうございます!

歌舞伎、とってもきれいでカッコいいです\(^o^)/
ナマで見ると絶対ハマります!
来月は17代目・18代目勘三郎の追善公演で、
勘三郎の十八番だった演目が目白押し。
昼の部も夜の部も、通しで観たいです~~!!

「いつかティファニーで朝食を」
主人公の飼い犬が亡くなる所で、
滂沱の涙を流してしまいました。
自分の経験と重なってしまったのですね・・・

「動物のお医者さん」大好きです!!
全巻持っています(実家に置いてあります)
面白くて何度も何度も読みました(笑)
舞台はH大、イヴまま様の地元ですね。
あの漫画を通して、北海道の人々の暮らしを
つぶさに知ることが出来ました。
久々に読み返してみたくなりました~~(≧▽≦)

2学期はPTA行事、沢山ですね。
ワタクシも楽しみながらゆるりと行きたいと思います。
ありがとうございます、イヴまま様のお言葉でちょっとホッとしました。
元気が出ました(^^)

No title

こんにちは^^
私も一年か、もうちょっと前くらいから、手元が見えづらくなってきています。
年のせいもありますが、ちょうど、やたらパソコンを見るようになってから、急激に悪くなったような気がするんですよね・・・。

歌舞伎を観にいらしたんですね。
私は歌舞伎は一度した観たことがありませんが、隣に大向こうの人がいらしたりすると、ちょっと迫力ありそうですね~。

こちらのお蕎麦屋さんは、普通のお店に見えますが、女性があまり入らないのですね。
このようなちゃんとした美味しそうなお店ではなく、立ち食い蕎麦屋さんでしたが、独身の頃よく入っていたのを思い出しました。

片頭痛の方は大丈夫ですか?
PTA のお仕事も、秋の行事などあると大変そうですね。
ブログは、やはり文章の推敲などしようと思っていると、時間がかかりますね。
私も、そろそろやり方を考えないといけない、と思っています。

Re: No title

Ariane様

こんばんは。
返信が遅くなりました(謝)

やはり、パソコンは目に悪いですよね(^^ゞ
休息を取らずに画面を見続けると、
目も痛くなりますし、首・肩も凝ってきて大変です。
これらは頭痛の原因にもなるので、なるべく長時間にならぬよう
気を付けようとは思うのですが、始めてしまうとなかなか
途中で終わらせるのが難しくなり・・・(苦笑)

歌舞伎座は昔よく足を運んでいましたが、
大向こうの人の隣に座ったのは今回が初めてでした。
「染高麗」って久しぶりに聞きました^^

「歌舞伎そば」は、時間がちょうど昼休みだったからでしょうか、
近くのサラリーマンがどっと押し寄せたという感じでした。
皆さん常連さんぽくて、「外待ち→中待ち→食券購入→食券渡す→
セルフで水をくむ→席に着く→蕎麦を食べる→さっと帰る」
という一連の流れが出来ていて、面白いなあと感心しながら
見ておりました(笑)

Ariane様と立ち食い蕎麦って、全くイメージが結び付きません!
オシャレなカフェとか、オープンテラスでお茶とか、美味しいイタリアンとか、
Ariane様のイメージなそんな感じです(≧▽≦)

片頭痛のこと、ご心配いただき恐縮です。
最近、薬の量が半端なくなってきてしまったので(泣)
薬局で相談し、漢方薬や高麗人参茶、ビタミン・アミノ酸ドリンク等々で
血行促進を図っております。
血の巡りが悪いと、全身の状態が悪くなるのですね。
もう少し運動もしないといけないなあと、思います(^^ゞ





プロフィール

まーさん

Author:まーさん
息子と夫と私、考え方も行動もてんでバラバラな3人で暮らしています(笑)でも仲良しです。
音楽、映画、読書が好き。芸術鑑賞、外国語、旅行も好きです。ゆ~る・じゃぱんでは、日本大好きまーさんが暮らしのに漂う日本の香り・日本文化をゆる~く綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。