スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謙遜の美学

日本には「謙遜の美徳」という言葉があります。
自らが一歩へりくだることで相手を立てるという、我が国独特の文化・精神的嗜好であります。




我々日本人は、幼い頃から両親や周囲の大人を通して、「謙遜」がよりよい人間関係構築に必要不可欠であることを、陰に陽に教えられて育ちます。


そのためでしょうか、我々の社会は長い間、一人目立ちを回避せんとする“横並び”意識や、“出る杭は打たれる”という暗黙の恐れに支配され、それはあらゆる世代のコミュニティ(学校・近所づきあい・職場etc)に深く浸透し、目に見えない縛りとして我々の心をがんじがらめにし続けて来ました。


しかし近年、そうした日本的「謙遜の美徳」(あるいはそこから派生した“横並び”意識)は、情報化社会とリンクするグローバル化の波によって相対化され、また地球規模で飽和状態を迎えつつある競争原理社会崩壊の波に乗って見直しが図られている――個人的にはそんな印象を持っておりました。


具体的には、「謙遜」はもはや美徳ではなくなり、
○他者と比べず、自己を絶対評価し、長所をアピールする。
○自己の長所短所を全て愛する。
○他者の長所短所をも全てありのままに認める。
こんな在り方が、徐々に我々のスタンダードとなりつつあると、一人合点しておりました。




ところが・・・

実は、そうではなかった、のですね~~(^^ゞ



というのも・・・
昨日、我が息子の小学校で、今学期最後の授業参観・懇談会があったのですが、その懇談会の際、例の「謙遜の美徳」が、未だ目に見えない形で我々の社会を支配している現実を、まーさんは目の当たりにしてしまったのでした~~(@_@)




昨日、授業参観後に行われた懇談会は、担任の先生が「先ほどの授業の感想と、普段のお子さんの様子を一人ひとりお聞かせください」と最初におっしゃったため、保護者は順番に、上記の事柄について思うことを語る、という形で始まりました。


まさに、この時です。
まーさんがいわく言いがたい驚きと違和感を覚えたのは。


いったいワタクシが何に驚き、違和感を覚えたかと申しますと。


それは――


何と、ほとんどすべて保護者が一様に、「我が子のダメな所」を次々と、当然のように語っていかれたことです(驚)


こ、これは一体どうしたことか??
む~~~(@_@)


・・・とにかく異様です、まーさんにとっては。
しかし・・・


改めて考え直してみると、それこそが従来の日本社会、の在り方なんですよね・・・

「謙遜」という名の「ダメ自慢(?)」

考えてみたらこんなのは、今までもママ友との間で幾度となく繰り広げられてきた光景でした(^^ゞ
これをおかしいと思ってしまうまーさんの方が、ある意味ズレているのかもしれません。


やはり伝統とは、良きにつけ悪しきにつけ、そう簡単には変わらないものであり、新しい潮流に快適さと開放感を覚える者にとっては、非常に息苦しさを感じるものなのでしょう。




ところで。
この懇談会で保護者の皆さんから挙がった「我が子のダメな所」。一体どんなものがあったのか、一例を申し上げますと・・・
(ウチの子は)
○授業中の姿勢が悪い。
○宿題に率先して取り組まない。
○自主学習に工夫が足りない。
○肝心なところでケアレスミスをする。
○字が汚い。漢字が書けない。
○忘れ物が多い。
う~むむむ(@_@)


やはりここには「謙遜の美徳」、即ち「我が子を一段低く言うことで周囲の皆さんを立てよう」という日本の伝統的思考が働いているように思います。
いや、もっとあけすけに言ってしまえば、「我が子を一段低く言わないと、”横並び“社会を良しとするママ友コミュニティから逸脱し、後でどんな陰口が待っているか知れたものではない」という恐怖感に、誰もが知らぬ間に支配されている、ということなのかもしれません。




では、かくいうまーさんはこの「ダメ自慢(?)」の中で、いかなる発言をしたのか。


それは――
我が息子を――
臆面もなく「褒めて」しまったのでした~~(爆爆爆)


例えば、
○授業中の姿勢が以前に比べて良くなった。
○自主学習に一生懸命取り組んでいる。
○友達と仲良く遊び、学校での出来事を色々と報告してくれる。
などなど。


もちろん学習面でのウィークポイントについて、学校・家庭で連携して指導できればありがたい、などということも言うには言いましたが、それはあくまで「PとTのアソシエーション」という観点から発言したのであって、決して我が子を謙遜、一段低く申し上げたのではありません(誓)




さて。このようなまーさんの発言は、他の保護者の皆さんにどう受け止められたのか。


・・・ぶっちゃけ、皆さんひいて(るように見え)ました(爆)


それまで、次々に繰り出される「ウチの子こんなにダメなんです」的発言に、和やかな笑いが起こっていた教室が、まーさんの発言によって瞬時に冷ややかな(とは言い過ぎかもしれませんが)静けさに包まれ、皆さん微動だにせずワタクシの話をお聞きになっておりました(苦笑)


自分や身内を卑下することでその場を和やかにする、というこの日本独特のコミュニティ術は、よく言われることですが、欧米人には全く理解できないあり方です。


たとえば彼ら欧米人は、良く知られていることですが、我が子をこれでもかというほど褒め倒し、自慢し、その長所を積極的にアピールします。そのせいでしょうか、欧米の子ども達は、日本の子ども達に比べて自己肯定観が強く、「どうせ私なんか」とか「あまり目立ちたくない」とか、“横並び”を強く意識するような発言をほとんどしません。むしろ逆に「私はこういうことができます」「私はこのことに自信があるので前に出たいです」といった生き方がごく普通のこととして行われています。それが皆さまご存じの通り、欧米の伝統的思考法なのです。


日本人・欧米人のみならず、そのほかの地域に住む人々も含めたそれぞれの伝統的思考法は、言うまでもなく宗教・政治・地理的特性・気候・食文化などなど、様々な要因がからみあい、長い年月をかけて培われた、立派な尊重すべき思考法であるとは思います。そして当たり前ですが、「どの文化のどの思考が優れている」という相対的価値判断は出来るものではありません。それぞれの地域において「伝統として根付いてきた思考法」、ただそれだけのことです。


しかしまーさんにとって、先ほどから申し上げているこの日本における「謙遜の美徳」、これにはどうしても息苦しさを感じてしまうのです。


おそらくそれは、ワタクシにとって「謙遜」というものが、「“横並び”でなければ村八分」という相互監視体制を想起させ、また逆に「相対評価・競争原理社会の中で“横並び”から抜きん出た者だけが成功者である」という、時代遅れともいえる価値観を見せつけられるようで、心がざわざわするのだと思います。




『みんなちがって、みんないい』
とは、金子みすゞの詩だったでしょうか。




我が尊敬する岡本太郎氏は、
『他人が笑おうが笑うまいが自分で自分の歌を歌えばいいんだよ。歌に限らず他人の判断ばかりを気にしていては 本当の人間としての責任がもてない。もし自分がヘマだったら、“ああ、おれはヘマだな”と思えばいい。もし弱い人間だったら“ああ弱いんだなあ”でいいじゃないか。』
と言っています(岡本氏の著書についての過去記事はこちら。カッコイイです!まーさんのバイブルです!)




「謙遜」という日本の伝統的美徳。
その言葉が本来持つ、美しく控えめな精神を心の内に尊重しつつも、それに縛られ型にはまることなく、自由に自分自身を生き切ってみたいと、まーさんは考える次第であります。


IMG_1285_convert_20141204210441.jpg
息子君の宿題プリント
この間違いを「バカめ(怒)」ととるか「ユニーク(喜)」ととるか・・




↑のプリントで笑っちゃった方はポチッと。
↓(*^^)v↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

出来ないことを上げる方は
謙遜なのか
悩みを打ち明けて共有したいのか
愚痴りたいのか
「うちの子はこんなにダメだから
 皆さんもがんばらないでね」という
威嚇なのか・・
懇親会ではそうでも
せめてお子さんに対しては
褒めてあげてくれていればいいなぁと思います。

私は子育て未経験ですが
部下を育てたいときは
ダメなところを指摘することがあっても
良い所を褒めてやる気を出すことを
忘れてはいけないと聞きました。

だから
息子さんを褒めることができる
まーさんさんは素敵だと思います!

日本は同調圧力が強い

なんでしょうかね~。

わたくし、まず、そういう懇談会にいきませんですワ。

ダメママで有名でした。

み~んなに怖がられ嫌われ、ゴジラなみの扱い。

いいんです、それで。
ママ友なんか、いらないんだよっ!

今でも、世間の嫌われものです。

孤独、いえ基、孤高の精神で生きています。わらわら

No title

こんにちは。
息子が通う支援学校では、全く違っていて、殆どのママは良くなってること、頑張ったことを多く言います。障害を持ちながら頑張ってることは共通の認識なので、当たり前になってるんでしょうね。
でも、ママ達の言う子供のダメな部分とは、改善が期待できることでもあると思うんですよね。例えば「まだ○○が出来ないが、こう変えれば頑張れるかもしれない」とか、その辺りをフォローしつつ、言ってもらえれば、きっと聞いてて悪い感じしないと思うのです。支援学校のママ達は皆、意識せずにそれが出来てる気がします。

ただ、まーさんにとって苦痛であるかもしれませんが、それを良しとしている方達の価値観も、受け流してあげてください。

Re: No title

美憂様

こんにちは。

> 出来ないことを上げる方は
> 謙遜なのか
> 悩みを打ち明けて共有したいのか
> 愚痴りたいのか
> 「うちの子はこんなにダメだから
>  皆さんもがんばらないでね」という
> 威嚇なのか・・
> 懇親会ではそうでも
> せめてお子さんに対しては
> 褒めてあげてくれていればいいなぁと思います。

本当にそうですね^^
自分の子供についてネガティブな発言をするのは、
仰る通り
「悩みを打ち明けて共有したい」
「愚痴りたい」
そんな切羽詰った母親の叫びもあるのかもしれません。
ワタクシもかつてはそうでしたから、
その気持ち、とてもよく分かります。
ただウチの息子は、幼稚園でも小学校でも
いわゆる「問題児」でしたので(^^ゞ
いつの頃からかワタクシも「開き直り」が半端なくなり、
「問題児」=「面白い子・ユニークな子・自由な子」
「相対評価ではなく個人内評価」
という姿勢が普通になってしまいました(笑)

もし本当に他のママさんたちが子育てに悩み、
家庭においても子供達を褒める余裕をなくしているのであれば、
ぜひワタクシの「テキトー」さ加減をご参考に(汗)
心の重荷をおろしてもらえればなあと、思ってしまいました。

部下を育てるには「褒めること」
ワタクシに部下がいたならば、
信じて任せる・そして褒める
最後の責任は自分が取る
そんな上司になりたいと、時々妄想したりします(爆)

Re: 日本は同調圧力が強い

sadafusa様

さすがsadafusa様、
潔くてカッコいい、痛快な生き様!
日本に暮らすごくフツーの日本人は、
中々こうはいきませ~~ん。
己を貫くって勇気がいりますもの。
バーンと突き抜けた孤高の姿勢がないと
出来ないことですよね。

最終的には学校歴や収入にのみ価値を置く、
というママ友との会話は
何というかとても疲れてしまいます(苦笑)
ぐったりして、もう夕食も作れな~い、みたいな。
そういう方とはちょっとと距離を置いて付き合うのが、
得策かもしれませんね・・・(^^ゞ

Re: No title

yuccalina様

ワタクシ以前の仕事で、
障がいを持つ方々との交流の機会を持たせていただくことがありました。
その時に強く感じたのは、ご本人のみならず、周囲の方々がほんとうに温かく明るく、
ポジティブに生きていらっしゃるなあ、ということです。
心底感動いたしました。元気をもらいました。
仰るように「まだ○○が出来ないが、こう変えれば頑張れるかもしれない」
と言っていただければ、ワタクシにとっても心がざわざわするような感情は
湧いてこなかったかもしれません。

いわゆる世間的には「欠点」「改善すべき点」と言われるものも、
果たして本当にそうなのか。
見方を変えればそれは「愛すべき個性」「チャームポイント」
と解釈できる場合もあるのではないか。
今はそうな風に感じます。

ワタクシの考え方は、他のママさん達とはちょっとズレているようです。
しかし「21か国語で話そう」クラブの活動や、
いわゆる「問題児」と言われ続けた息子との格闘?を通して、
長所も短所も丸ごと「そういうもんだ」と受け止める姿勢が、
ワタクシのスタンダードとなってしまいました。
こっちの方が生き方としてとても楽ちんなので・・(^^)
自分としては他の皆さんにも「こっちの方が楽よ~~」
と言いたい所ですが、
『みんなちがって、みんないい』ですから
どの様な考え方もするっと受け入れて
『上善如水』でやっていきたいと思いますvv

すばらしい息子さん!

えのぐ、をただ、「絵の具」と書く人は
全然詰まりません。ただの凡人。

あの絵、アネッサにそっくりじゃないですか!

きっとエビちゃんが好きだったにちがいないですね。
(まだ、生まれてないか…汗)

私は、「ひやけどめ」と書いた、息子さんは
将来、偉人かアーティストになれると思います。

すばらしい勘違い。
絶対ふつうノヒトにはできないことですね!

わたくしはよく、こういう間違いしますが…笑

ご子息に一票!(笑)

こんにちは~。

プリントの絵具の絵におひさま?が書かれているのを見て、日焼け止めと書かれたのですかね。
その素敵な感性に清き一票を投じたいと思います。(笑)
ご子息の頭の中には、まーさん様ご一家で過ごされた夏の楽しい思い出がよぎったのかもしれませんね。

自らがへりくだる気持ちはある程度は大切だとは思いますが、少なくとも、自分の身内であっても、自分以外の他者を落とすような発言は不要だと思います。

記事を拝見し、程よく、かつ、的を射た謙譲の精神がとても大切だなと改めて実感しました。

我々大人がそういった事に気を付け、子供たちがのびのびと素敵に育つ社会を作っていきたいですね。

寒さが厳しくなってきました。
お体、ご自愛くださいね。

Re: すばらしい息子さん!

sadafusa様

「偉人かアーティスト」!!!
おお~~、最高級のお褒めの言葉
ありがとうございます\(^o^)/

あの宿題プリントが、
ワタクシには面白くて面白くて
この面白さを誰かと共有したいと
ずっと思っていました(笑)

自分にはないこの感性(勘違い)が
とっても羨ましいまーさんであります(^^ゞ

確かにアネッサそっくりですよね~~
ところで
sadafusa様もこんな間違いをなさるのですか!!
やっぱり一歩も二歩も抜きん出ていらっしゃいますね~~(羨)

Re: ご子息に一票!(笑)

ドナ夫様

こんにちは^^
息子の面白解答に清き一票を寄せていただき
ありがとうございます!!
お日様の絵だから「日焼け止め」
これが可笑しくてワタクシ大爆笑してしまい、
思わずブログにアップしてしまいました~~(爆)

謙遜・謙譲は確かに「美しく控えめな日本の心」そのものですが、
ドナ夫様のおっしゃるように、
「自分の身内であっても、自分以外の他者を落とすような発言は不要」
だとワタクシも思います。
「程よく、かつ、的を射た謙譲の精神がとても大切」とのお言葉、
絶妙なバランス感覚で、温かく全体を見渡すドナ夫様ならではの一文と
拝見いたしました^^
ワタクシの心も温かい安心をいただくことが出来ました。

今日は大寒。
本当に寒さが厳しくなってまいりました。
インフルエンザも流行っているようです。
どうぞご家族の皆様ともども、ご自愛くださいませ。



No title

なるほど〜、本当にそうですね。
謙そんというのは、日本人の良い所でもありながら少しでも『自慢』にとられてしまうと、『謙虚さが足りない』ということになってしまってしまうんでしょうね。

これは謙そんとは違いますけど、フランス人は褒めるのが上手です。
でもそれはお世辞で褒めるのではなくて、思ったことをすぐ口にするんでしょうね。
人の家に食事に行って、料理が不味かったら「美味しい♪」とはお世辞でも言いませんし、逆に美味しい時は、そこまで言うかー!?みたいに褒めます。^0^
そこで褒められた方は、すぐその気になります。アハハハ・・!
こういうの単細胞っていうのかもしれませんね。^-^

Re: No title

yoyo様

こんばんは!

まさに仰る通りなのです。
「謙虚さが足りない」という暗黙のプレッシャー、
中々に厄介なものです(^^ゞ

「フランス人は褒めるのが上手」なのですね!
「思ったことをすぐ口にする」って、よく分かります~~。
フランスの方ってとても率直ですよねえ。
今読んでいる本『フランス人は10着しか服を持たない』にも、
服のセンスをストレートにけなす(笑)マダムが出て来ます。
良いものはいい、悪いものは悪いってはっきり言うのは
心理戦がない分、慣れてしまえば清々しく楽ちんですね^^

「逆に美味しい時は、そこまで言うかー!?みたいに褒めます。^0^」
yoyo様のお料理はもちろんいつでもdelicieuxですから(≧▽≦)
皆さんすっごくお褒めになるんでしょうね~~(^^)
ワタクシもそんな場に居合わせてみたいです\(^o^)/


プロフィール

まーさん

Author:まーさん
息子と夫と私、考え方も行動もてんでバラバラな3人で暮らしています(笑)でも仲良しです。
音楽、映画、読書が好き。芸術鑑賞、外国語、旅行も好きです。ゆ~る・じゃぱんでは、日本大好きまーさんが暮らしのに漂う日本の香り・日本文化をゆる~く綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。