スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”おにぎらず”と”おむすばず”再び・・・

前回の記事
「なぜ”おにぎらず”は”おむすばず”とならないのか?」

について昨日、ブログをリンクさせていただいている
「日々是好日」のsadafusa様から
大変興味深いコメントを頂きました。

当初はこのように改めて記事としてアップする予定はなかったのですが、
あまりにも面白かったのでーーやはり我慢できずにアップしてしまいました(汗)
(sadafusa様とワタクシのコメントを、そのまま貼り付けさせて頂きました)
”おむすばず”についての考察、皆さまにお読みいただければ幸いです。





               ◇ 





sadafusa様のコメントより

おむすびって漢字で書くと「お結び」ですよね。

「結ぶ」って言う言葉自体、結婚とか、結実とか、結納とか、
何かが実る、というか結果として成功したみたいな意味が
含まれるような気がするのですね。

深読みのしすぎかもしれませんが、単に握って固めた
お米を「おむすび」というのは、手で結んで、その糧を神に感謝するという
呪術的な意味があるのでは???

そういう祝福された食べ物を、「結実しなかった」という意味の
「おむずばず」とは日本人は決して言うことがないのかも。

たぶん、普通の人はそこまで深く考えているわけじゃないでしょうが、
長い長い年代を重ねて日本人は言葉の重さを
肌で感じているように思えるのですが…



まーさんのコメントより

こんにちは。
再びのコメント、ありがとうございます^^

> 深読みのしすぎかもしれませんが、単に握って固めた
> お米を「おむすび」というのは、手で結んで、その糧を神に感謝するという
 呪術的な意味があるのでは???
>
> そういう祝福された食べ物を、「結実しなかった」という意味の
> 「おむずばず」とは日本人は決して言うことがないのかも。
>
> たぶん、普通の人はそこまで深く考えているわけじゃないでしょうが、
 長い長い年代を重ねて日本人は言葉の重さを
> 肌で感じているように思えるのですが…

おお~~、すごい考察ですね(驚)
感動です。

sadabusa様のコメントを読んで
ワタクシもさらに気になり、古語辞典を引いてみました。
すると「むすび」の一つ前に「むすひ」という言葉が載っており、
漢字で書くと「産霊」となるんですが
意味は「草や苔などのように、ふえ、繁殖する意。
万物を生み出す不可思議な霊力」とありました。
本来「結び」と「産霊」は起源的に別物の語だそうですが、
後世音の類似から
この二つを関連付けて解釈されるようにもなったのだそうです。
ならば、sdafusa様のおっしゃるように
「おむすび」を「不可思議な霊力の宿る食べ物」とする解釈も
実際あるのではないかと思います!!

古語辞典では「むすび」は「紐の端・両手の指などを固く絡み合わせて、
離れないようにする」意、
「にぎり」は「手の指を内側に曲げて、しっかりと保つ」意であるとのこと。
とすると「手で作った食べ物」
のニュアンスがよりはっきりと出ている「おにぎり」のほうが
「おむすび」に比べて造語を作りやすい(イメージがわきやすい)
ということが言えるのかもしれません。
音声学的、というより、やはり意味の上で「にぎり」のほうがより
「手のイメージ」を再現できる ということなのでしょうね。

sadafusa様のコメントから「おにぎらず」についての考察を
更に深めることが出来ました。
このリコメは、もしかして改めて記事に起こすべきか?!
ぐらいな感を持ちましたが(笑)
「もしご興味がある方がこのコメント欄を読んで下さればそれでよいか~~」
ということで、このままにしておきます(爆)

長文失礼しました~~(≧▽≦)







と言いながら、
コメント欄を放置できなかったまーさんなのでした・・・

(sadafusa様、お断りもなくコメントを記事にしてしまい
本当に恐縮の至りです・・・(謝)
ぜひとも当ブログをお読みの皆さまにシェアしたいという思いが強く
このような仕儀に相成りました。
sadafusa様はじめ、
いつもワタクシの拙文に素敵なコメントをくださる皆さま、
皆さまのおかげでまーさんはこうして細々とではありますが
ブログを続けることができております。
この場をお借りして感謝申し上げます。
本当にありがとうございます。)





               ◇  





”おにぎり”と”おむすび”の語源は諸説あるようですが、
どの説を読んでもやはり
「お米と日本人との長い歴史における密接な関係」
あるいは
「おにぎりという携帯食に対する日本人の深い愛着」
を感じずにはいられません。






日本人の原点ともいうべき”おにぎり(おむすび)”と、
日本食の新たな可能性を感じさせる”おにぎらず”

新旧いずれにしても、この食べ物から我々は
ワクワクする気持ち、また温かい気持ちを
感じることができるのではないでしょうか。
そして、少々大げさではありますが、
過去・現在・未来を同時に感じ、味わい尽くす
贅沢なひと時を提供してくれるのが
この”おにぎり””おにぎらず”ではないかと、
まーさんは思うのであります。





にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

ぽちっと応援いただけますよう・・・お願い致します・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

びっくりびっくり!

うわ~、トピックになってしまった~。

京都には、岩倉具視の名前のもととなった
岩倉というところがあります。

しかし、岩倉というのは、当て字でして、本当は、
磐鞍らしいです。

たぶん、昔岩倉には大きな岩があり、そこに神が宿るとされたのでしょう。

鞍はもともと「神が座す場所」という意味がありました。
この段でいきますと、

桜も「サ・クラ」でございまして、サは神のことです。
クラは座る場所ですから、桜の花は神が宿った木だったのです。

あと、芋づる式に酒も「サ・ケ」つまり、神様の食べるもの、

何か古代はすべてが神と直結していたように思えます。

昔は桜の花を目安に田植えする時期を決めたといいますから
桜は単に花が美しいといって愛でるだけの花では
なく、自分たちの生活に直結した大切な花だったんでしょう。

酒は飲んで酩酊してトランスした人がいたのでしょう。
その人がいわゆる「かんなぎ」の役目をして、
神の言葉を伝えたのかもしれません。

日本に古来からあった言葉を
中国からきた漢字を当てたのは便利だったでしょうが、
言葉が持つ、本来の呪術的な一面が薄まった結果になったのかもしれません。

本当に面白いですね。

まーさんに共感してもらって本当にうれしいし、光栄のきわみであります!!

再び

こんなにお米がじゃんじゃん取れるようになって
米あまりになったのは、実はつい最近のこと。

昔のお米はお百姓さんが本当に丹精して育てても、
品種改良されてなかたせいか、今みたいに一つの穂から
こんなにお米が取れることなかったみたいですよ、

わたくしの小さいとき、よくごはんをこぼしたりすると、
お年寄りがすごく怒って
「ご飯の一粒一粒には仏さんが宿っていなさるから、絶対に粗末にあつかっちゃならない!」と目をむかんばかりにしかられた
記憶があります。

あ~、そんな曼荼羅のようホトケさんの集合体だったのですね。
おにぎりって。

やっぱり、昔は白米を食べるってどこかのお殿様でもない限り
できなかったことなのじゃないでしょうか?

白い御飯を「銀舎利」つまり、銀色のお釈迦さんのお骨、と
表現したのも、やはりお米が尊いものだった、という
精神の表れですよね。

Re: びっくりびっくり!

sadafusa様

お断りもなくコメントを記事におこしてしまいましたが、
お許しいただけてホッとしました(^^)

「イワ・クラ」「サ・クラ」「サ・ケ」
のお話、なるほどです!
さすが博学のsadafusa様、勉強になります^^

日本古来の”其処此処におわします神と共にある感覚”は、
今もやはり微かにではありますが、
我々の心に連綿と受け継がれ、気づかぬうちにその感覚をもって
あらゆる物事を見ているという気がします。

「言霊」を大切にしてきた日本人の生き方を
もう一度思い出したいですね・・・

Re: 再び

sadafusa様

再びコメントありがとうございます^^

お米は品種改良によってたくさん収穫できるようになったのですね。
「銀シャリ」という言葉はまさに、”お米は尊いもの”という日本人の気持ちを
よく表していると感じます。

ワタクシ、お米に関しては忘れられない出来事がございまして・・・
小学2年生の時の担任の先生なんですが、
給食の時間、一部の子ども達がご飯粒をきれいに食べずに
お椀に残したまま片づけるのを見て激怒し、
クラス全員が昼休みの間じゅう説教されたという・・・
あれ以来ワタクシは、ご飯粒をひと粒でも残すということに
ものすごい罪悪感(は言い過ぎですが)のようなものを
感じるようになりました。

しかしあの時のS先生の教えは
教育者として素晴らしかったのではないかと思います。

「ご飯の一粒一粒には仏さんが宿っている」
って昔の人は仰いましたよね。
文化伝統を伝えるという意味でも
また飽食の時代に対する一つの警鐘という意味でも
そんな教えを積極的に後世に伝えていくべきではないかと
今ふと思いました。

No title

こんにちは。
素敵なお話ありがとうございます。おむすびと言う言葉の中にも、八百万の神様と共に生きる日本人の心が宿っているのですね。上のsadafusa様のお米とお酒に関するコメントも、大変興味深く読ませて頂きました。お米の一粒も神様と繋がってる。白米って、きっと特別な日の、晴れの食事だったんでしょうね。それが、安く作れることで低く扱われるようになったのは悲しいことですが、大元の自然への感謝という精神的な部分は、これからも引き継いで行きたいものです。日々の生活の中で、子供たちに伝えて行きたいですね。

Re: No title

yuccalina様

おはようございます。
いつも素敵なコメントをお寄せいただき
ありがとうございます^^

今でこそ白米は、我々の生活に当たり前のように存在する主食となりましたが
ご先祖様たちにとってはまさに特別な日の「ハレの食事」だったのでしょうね。
江戸時代、「江戸の町では銀シャリが食える」というのが人々の憧れだったと
どこかで聞いたことがあります。
お米一粒一粒に仏を見、神を感じる感覚はごく当たり前のこととして
人々の間に定着していたのだと思います。
すべてのものに神性を見出し敬う気持ち、自然と共にある感覚、
そんなものを普段の生活の中で普通に伝えていけたらなあと思います。

こんにちは。

おむすびからものすごい考察!
改めて日本語って奥が深い!と感動しました。
言霊なども大事にしないといけませんね。

Re: タイトルなし

凛様

こんにちは。
コメントありがとうございます!!

おむすび・おにぎりから、
こんなにも考察が広がり
面白くてワクワクです🎶
”ことば”ってほんとに興味深いですね。

”言霊”という考え方も大変興味深いです。
言葉の持つ力は計り知れないものがあると思います。

・・・と分かっていながら普段のワタクシは
全然言葉を大切にしていません・・・汗
口から出る言葉の何と雑なことか・・・!!!
反省です(@_@)

改めて言葉の持つ力について
本気で考え、それを行動に移してみたいと思いましたv
プロフィール

まーさん

Author:まーさん
息子と夫と私、考え方も行動もてんでバラバラな3人で暮らしています(笑)でも仲良しです。
音楽、映画、読書が好き。芸術鑑賞、外国語、旅行も好きです。ゆ~る・じゃぱんでは、日本大好きまーさんが暮らしのに漂う日本の香り・日本文化をゆる~く綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。