スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供にもわかる超訳!『雨月物語~青頭巾~』最終回

さて、いよいよクライマックス。
あの山の坊さまは一体どうなったのでしょう。
物語の最後――はじまりです。


うげつものがたり       まきのご
『雨月物語』  巻之五

青頭巾
(あおずきん)~最終回~



 一年はあっという間に過ぎ、翌年の十月のはじめ、快庵禅師は、

東北への旅の帰り道に、再びこの土地をお通りになりました。

そして、あの時泊めてもらった主人の家に立ち寄り、

山の坊さまがどうなったかをお聞きになりました。



 主人は禅師のことを喜びむかえて、

「お坊さまの大いなる徳によりまして、あの鬼は二度と山を下りてはきません。

ですから、私たちはみな、極楽浄土に生まれ変わったような気持ちで

喜んでおります。しかしながら、山に行くことはやはり恐ろしいと思って、

誰ひとり上る者はいません。ですから、あの坊さまがどうなったかは

全く分かりませんが――いまだに生きているでしょうか・・・。

いや、生きていることはございますまい。今夜こちらにお泊りになった時、

あの坊さまの冥福をお祈りください。私たちも皆でお弔い(おとむらい)を

したいと思います。」

と言いました。


 禅師は、

「あの坊さまが、善い行いのむくいとして成仏したのなら、

私は、あの者のさとりの道を開いた先輩・師匠(ししょう)といえるだろう。

また、もし生きているならば、私にとっては一人の弟子ということになる。

いずれにしても、彼の様子を見とどけぬわけにはいかぬ。」

こう言って、禅師は再び、山に登られたのでした。


なるほど、人の行き来が絶え果てたと見えて、その山道は、去年ふみ分けて歩いた

道とも思われない荒れようです。

寺の敷地に入ってみると、荻(おぎ)・すすきが人の背たけよりも高く生い茂って、

草木の上にあるつゆは、時雨(しぐれ)のようにふりこぼれ、

寺の中の小道さえ見分けられません。本堂や、大事なお経を収める建物の戸は、

腐って右左に倒れ、部屋や台所を取りまく廊下も、腐った部分に雨をふくんで

苔むしています。

 
 さて、あの坊さまを座らせた、廊下のあたりを探してみると、

うすぼんやりした影のような人物が、坊主であるか普通の人であるか

区別もつかないくらい、ひげも髪もぼうぼうに乱れて座っています。雑草がからみ

あい、すすきが一面に倒れている中にいて、蚊の鳴くようなかぼそい声で、

なにを言っているとも聞こえない様子ですが、よほど間をおいてぽつりぽつりと

唱えているのを、耳を澄まして聞くと、 



  「江月照松風吹(こうげつてらししょうふうふく)


   永夜清宵何所為(えいやせいしょうなんのしょいぞ)」



禅師はこれをごらんになって、すぐさま禅杖(つえ)を持ち直し、

「いかにっ。どうだっ。」

と一喝(いっかつ)して、坊さまの頭をお打ちになりました。

するとその瞬間、坊さまのおぼろな姿は、氷が朝日にあうように消えうせて、

あの青頭巾と白い骨だけが、

草葉の中に落ちとどまっていました。


――まことに長い間の執念が、ようやくここで消えつくしたのでしょう。

尊い仏の道の真実が、ここにはあるに違いありません。



 こうしたわけで、快庵禅師のすばらしい徳は、遠く雲のかなた、

海の向こうにも聞こえわたり、

「達磨大師(だるまだいし)がまだ死去なされず、生きておられるようだ。」

とほめたたえられたということです。


 こののち、村の人々が集まり、寺の敷地を清め、修理をし、

あらたに禅師を推しいただいて、ここに住んでいただくことになりました。

 もともとこの寺は真言密教(しんごんみっきょう・仏教の流派の一つ)

でしたが、その時から、禅師の修めた曹洞宗(そうとうしゅう・仏教の流派の一つ)

の霊場として、新しく開かれることになったのです。


現在でもなお、この大中寺は尊く栄えているということです。




*テキスト・参考文献『日本古典文学全集48 英草紙 西山物語 雨月物語 春雨物語』(小学館)




――皆さま、いかがでしたでしょうか。

上田秋成の名作『雨月物語』より、巻之五「青頭巾」をお届けしました。
人間の情念と執念、市井の人々の暮らし、季節の移ろい、無常観(無常感)を圧倒的な筆致で描いた本作品。
もしも、ご興味がわきましたら、「青頭巾」以外の物語もぜひ一度、読んでいただけたら幸いです。

なお、この『雨月物語』は1953年に、溝口健二監督のもと、「浅茅が宿」「蛇性の淫」の二編を題材に映画化されました。名作ですので、ご存知の方も多いと思います。
世界的にも評価の高い映画『雨月物語』。この機会にまーさんも、もう一度観てみたいと思う次第です。


日本の古典が大好きなまーさん。また折を見て、このように古典作品をご紹介したいと考えています。



にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

楽しく読ませて頂きました。
情景が目に浮かびます。
先生みたいですね!

溝口健二監督の「雨月物語」渋いです。
今は在りませんが大映京都撮影所で撮影されたんですね。
時代劇のロケ地にも恵まれた冬は極寒、夏は灼熱な所でした。
ほのかに匂いを思い出しました。

No title

ありがとうございました。

とても面白かったです。

>荻(おぎ)・すすきが人の背たけよりも高く生い茂って、

草木の上にあるつゆは、時雨(しぐれ)のようにふりこぼれ、

この表現で、荒れ寺のようすが、イメージとして浮かびますね。

うん、楽しかった。

No title

何か、象徴的な、深いお話ですね。

鬼になった坊さまは、一応回心したものの、今度は「江月照松風吹 永夜清宵何所為」に執われて、亡者になってしまっていたということなんですよね?
そこをもう一度こわして、初めて成仏というのは、いかにも真理をついているし、よく知りませんが、何か「禅」っぽいなぁ、と思いました。

やっぱり古典はいいですね。

Re: No title

店長♪様

『雨月』最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

> 先生みたいですね!

・・・店長様、す、鋭いですね(意味深)

映画「雨月物語」は、大映京都撮影所で撮影されたんですね。
冬は極寒、夏は灼熱な所なんですか!
「匂いを思い出」されたとのこと――
実際に足を運ばれた方ならではの感覚ですね・・・。

「雨月物語」という言葉ひとつにも、人それぞれの人生の背景が隠されているのだなあと思います。

Re: No title

まるまるまるた様

面白く読んでいただけてうれしいです。
こちらこそ、ありがとうございました!!

「荻・尾花のたけ人よりもたかく生茂り、露は時雨めきて降りこぼれたるに・・」
情景が目に浮かびますよね。同感です。
上田秋成の描写力というか、文章力というか、すさまじいものがあると・・・(@_@)

また、楽しんでいただけるような記事が書けますよう、
自分自身に???祈っています(笑)

Re: No title

Ariane様

わあ、深い読みですね。
確かに仏教では、何かに執着することを強く戒めていますよね。
たとえそれが、仏の真実であろうとも、とらわれてはならぬと。

禅杖で撃たれて初めて成仏した、山の上の法師。
妄執にとらわれた人間を、優れた描写力でとことんまで描き切る秋成のすごさ。

ホントに古典はイイですね。

読んでいただき、ありがとうございました。

No title

おはようございます。
雨月物語、とても面白かったです。
古典に疎いとーさんにもわかる超訳。(^ ^)
なかなか古典を読む機会がないので新鮮で、
引き込まれました。

まーさん様オススメの古典、また楽しみしてます。

Re: No title

アヒルのとーさん様

『雨月物語』読んでいただいて、ありがとうございました!

好きな古典、数限りなくあるのです・・(汗)

「面白かった」といっていただけると、これからも超訳やってみようかなあと、ヤル気が出てきます(^^ゞ
うれしいです!!

No title

こんばんは

国語は苦手で、特に古文はダメ。
雨月物語=恐ろしい話の詰まったもの、とかいう文学史でのおぼろげな記憶がかすかに残るのみ。

こんなお話だったんですか。面白かったです。

昔話などには「本質」を理解させるのにいろいろな具体例を持ち出していますね。具体的で、そして日常の感覚に基づくような。

こんな「超約」また期待しています。

Re: No title

m.k.masa様

『雨月物語』読んでいただき、ありがとうございました!

m.k.masa様は、京大理学部卒・大学院修了ということで、すごいですね!!

どんな研究をされていたのですか。そして今、幼児教育に携わっておられるのは、何か転機のようなものがおありだったのでしょうか。

それはともかく、ワタクシは逆に理系には全く疎く(笑)、専ら文学畑の人です。
『雨月』の超訳、やってみてとても楽しかったので、また折を見て、ほかの古典も訳してみたいなあと思っております。

No title

遅くなりましたが、
拝読させていただきました。

旅の「禅師」と書いてあるので、禅宗なんだろうな、
と思いましたが、稚児に妄執を抱いたお坊さんは
真言密教なんんですね。

真言密教は、誤解されやすく、「真言立川流」という
亜流の邪教まで作ってしまったりしたので、
そこらへんに何か含みがあるのかなぁ、と
sadafusaはすぐ、妄想をたくましゅうするのでした☆

Re: No title

sadafusa様

なるほど~(@_@)
同じテクストでも、人それぞれに、いろいろな読みが広がるものですね~。
そこが文学の醍醐味でしょうか。

『雨月』は江戸時代に書かれたものなので、江戸時代における仏教各宗派のありようなど、ちょっと調べてみたくなりました。

もしかしたらこの時代、密教は主流ではなく、少し不思議な印象の宗派として認識されていたのでしょうか??(いや、全く分からないのですが)
また一つ、楽しみが増えてしまいました(笑)
ありがとうございました。
プロフィール

まーさん

Author:まーさん
息子と夫と私、考え方も行動もてんでバラバラな3人で暮らしています(笑)でも仲良しです。
音楽、映画、読書が好き。芸術鑑賞、外国語、旅行も好きです。ゆ~る・じゃぱんでは、日本大好きまーさんが暮らしのに漂う日本の香り・日本文化をゆる~く綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。