スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋にはやはり・・・

急に寒くなってまいりましたので、今日は美容院の帰り、
秋冬のアイテムをそろえようと、
靴屋さん、洋服屋さんをあちこち見て回り、
楽しい時間を過ごしました♪



火曜の夜は、毎週出掛ける用事があるので、
その前に家事を早めに終えねばなりません。
今日は昼間の外出が長くなり、
結構タイトなスケジュールとなりました(汗)



しかし最近、まーさんは、ン十年ぶりに実家から持ち出してきた
クラリネットを吹くようになり、
一昨日買い求めたばかりの新しいリード(木管楽器のマウスピース
に付ける、葦などでできた薄い板)をどうしても試したくなって、
忙しいのに窓を閉め切ってブーブーやってしまいました( ゚Д゚)

演奏するのは主に、昔吹いた曲、それにいつもはピアノで弾いている
坂本龍一氏の曲やスタンダードナンバー、ジャズなどです。
昔ほど上手く吹けないのがちょっと残念ですが、
それでも、あの木管独特の柔らかい響き、心が癒されます(*´з`)



今日は何となく気分で「The Shadow of Your Smile」を吹きました。
映画「いそしぎ」のテーマ曲です。

まーさんはこの曲、小学生の時にピアノのスタンダードナンバー集で知り、
良い曲だなあ、と思って何度も弾いていました。
その後、これが映画のテーマ曲であることを知り、
ぜひ観てみたいと思っていた矢先、
たまたま昼間のTVで放送していたので、これは!!と思い観てみたのです。
中学生、いや高校生ぐらいの時だったでしょうか。
そして思ったのは。
「なんと背徳的な映画・・・」
・・・若かったですね、まーさんも(苦笑)

今思えば、そんな背徳的なんていう大げさなものではなく、
“単純なメロドラマ”なのでしょうけど――
当時は「自由奔放なシングルマザーと、敬虔な牧師(息子の学校の校長)との不倫」
というストーリーは、なんともはや・・・
いいのかなあ~~という感想を持ったものです、ハイ。




というわけで、今宵はその「いそしぎ」のテーマ、
「The Shadow of Your Smile」をば・・・



両親が好きだったフランク永井。子供の頃よく聴いてました。





今日の記事、「ゆ~る・じゃぱん」??
という疑問を持ちつつ、
日本が誇る美声の持ち主、
フランク永井のご紹介が出来たということで、
これはやはり「ゆ~る・じゃぱん」なのでございます(^-^;



にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フランク永井といえば、
「有楽町で逢いましょう」ぐらいしかしりませんでしたが、

上手いですねぇ~

なによりびっくりしたのが、
英語の発音いいですね!カタカナ英語じゃないわ~

最近、歳とってきたせいか、往年のスターの偉大さっていうのを
再認識しています。

せちがらくてちゃかちゃかした今日日の音楽より
こういう、ゆったりしたバラードっていうのが
なんか心癒されます、デス。

Re: No title

sadafusa様

フランク永井の声、痺れます・・・
「The Shadow of Your Smile」は
JAZZの方、歌謡界の方、いろんな方がカバーしていて
素敵な演奏がたくさんありますが、
フランク永井のこの歌声、とても良かったので、
アップしてみました。

昔の歌手って、本当に実力が半端ない、という感じがします!!

No title

フランク永井さんの歌声を聴いていると、ブランデー飲みたくなる・・・。

パブロフの犬ですね(笑)・・・我が家の育ち方がわかるなぁ。

楽器も演奏されるとは、なんとまーさんさんの、幅の広いこと。

わたしは、音楽っ気と運動系は、「からっきし」なので、ちょっとうらやましいです。

秋は、音楽、読書、自然・・・名残を味わう時節ですね。

秋風と共に文化の香り・・・。

音楽を聴くこと、楽器を奏でること、文学を探求すること、草木を愛でること、これら全てが人々の英知を、時を重ね、少しずつ、少しずつ、昇華させてこられたのでしょうね。文化の創造です。
こういったことがまーさん様のアイデンティティーの拠り所として根付いているのですね。
それらは「人」としての懐の深さ、奥行きの広さに反映されるであろう要素であり、おそらく、個人の強靭で尚且つ、しなやかな精神を創り上げているのだと解釈します。
これからも精力的に取り組んでいってください。

No title

まーさんも、吹奏楽にピアノをされていらっしゃったのですか?
私もホルンにピアノをやっておりました。

ピアノでは、クシックよりニューミュージックに走り、
久石譲やGeorge Winstonなどを好んで弾いていました。
坂本龍一は、戦場のメリークリスマスを弾いたのを思い出します。
いまは楽器を持っていない生活をしているので、ちょっと淋しいです。

Re: No title

まるまるまるた様

秋は、音楽、読書、自然…名残を味わう、まさにその通りですねえ~~

フランク永井とブランデー、ピッタリです(笑)
そう聞くと、何だか無性に飲みたくなりますね(^^ゞ

ワタクシも運動系はイマイチなので、スポーツの秋ではありますが、
専ら音楽に、読書に、でございます。
でも、フラメンコなど、ダンスには興味があります。
知人には、フラダンスやろう、とかソシアルダンスやろう、とか誘われてます(@_@)

Re: 秋風と共に文化の香り・・・。

ハゼドン様

コメントありがとうございます。
芸術や、自然を愛でる風習は、人間が築き上げてきた素晴らしい文化ですね。
ワタクシも、その人間の長い歴史の上に乗っている一人なのだなあと、
ハゼドン様のコメントを読んで、改めて思いました。

これからも、様々な人間の成せる所業を探求したいと考えています。
貴ブログからも、世界に対する鋭い考察や美の追求、
時にはかわいいワンちゃんの姿などを拝見して^^
知見を広めていきたいと思います。

Re: No title

凛様

つくづく驚きます。
凛様も、ピアノとホルンをやってらしたんですね。
共通点が多すぎです・・(笑)

ホルンの響き、深くてすごくステキですねえ。
楽器は何でも好きです。和楽器もやってみたいです。

久石譲やGeorge Winstonですか!!
良いですなあ(*‘∀‘)
今度楽譜買って来ようかと思います。

No title

クラリネットとピアノの演奏をされるのですね!
私もピアノは昔弾いていました。
何を血迷っていたのか、中学生の時は音大志望だったのです。
多分、自分に全然センスがなかったから、憧れたのだと思います。
たまに弾いてみた方が良いですね。
結婚して以来、ほとんど弾いていないので、ちょっと怖い気がします。

Re: No title

Ariane様

わあ、音大志望だったのですか!!
ということは、相当本格的にピアノを弾かれるのですね。
羨ましいです。
ワタクシはそこまでいかずに辞めてしまったので、
難しい曲を弾きこなす方を見ると
「ああ、いいなあ、あんな風に弾けたらなあ」
と憧れます。

もう少し年を取って時間に余裕が出来たら、
またピアノを習ってもいいかなあ、と思ったりします。
プロフィール

まーさん

Author:まーさん
息子と夫と私、考え方も行動もてんでバラバラな3人で暮らしています(笑)でも仲良しです。
音楽、映画、読書が好き。芸術鑑賞、外国語、旅行も好きです。ゆ~る・じゃぱんでは、日本大好きまーさんが暮らしのに漂う日本の香り・日本文化をゆる~く綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。