スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スィルニキ~ロシア版お焼き~

以前にも書いたかもしれませんが、まーさんは息子と共に「21か国語で話そう」というクラブに所属しております。
毎週火曜と金曜の夜、このクラブにて、多言語ゲームやダンス、CDに合わせての多言語発話、国際交流話のシェアなどを行います。それこそ老若男女、赤ちゃんからお年寄りまで様々な立場・年齢の人々が集まり、オープンハートで楽しい時を過ごします。

当クラブには、他国へのホームステイプログラムもあり(逆に、他国からのホームステイ受け入れプログラムもあります)、大人も子供も様々な国にホームステイに出かけていきます。




今週の日曜日、今夏ロシアに2週間ホームステイした男の子(小6)の体験談を、少人数のメンバーで聴かせてもらう機会がありました。
そのお話、とてもとても面白かったです。
その子・K君は、スポーツが得意で活発な子ですが、普段は寡黙で、多くを語ることをしません。しかし、彼の撮って来たホームステイ中の写真の見つつ「これはどこ?」「これは誰?」「何を食べたの?」などと質問をしていくと、ゆっくりとかみしめるように、とつとつと思い出を語ってくれたのでした。それは、ホストファミリーとの楽しい思い出、おじいちゃんとの温かいエピソード、時にはハプニングなど、様々な経験と思いが詰まった、素敵なお話でした。




で、ここからが本題です(前置き長い・・・汗)
K君のお話の中で、「ステイ中食べたもので、美味しかったもの・あまり美味しくなかったもの」の話題になった時です。
美味しかったものは「ママが作ってくれたグリルチキン」とのことでしたが、「美味しくなかったものは?」と尋ねた時、彼は「名前が分からないけど、小さなパンケーキのようなもので、食感がぶつぶつ、ちょっと酸っぱい」という食べ物を挙げました。

写真も撮ってあったので見せてもらうと、確かに小さなパンケーキのようです。見た目はとても美味しそうなのですが・・・とにかくそのぶつぶつした食感が、K君には馴染めなかったそうです。「ぶつぶつ」って何が入ってるんだろう、気になる・・・一体この料理は何という名前なのだろう・・

気になり出すと止まらなくなるまーさん、その場でスマホ検索いたしました。すると、クックパッドで、彼の撮ってきた写真と全く同じ形状の食べ物が見つかりました。

その名は「スィルニキ」
クックパッドの説明では「ロシアでポピュラーなカッテージチーズのパンケーキ」とありました。日本のお焼きに似ているとも。
確かに見た目はお焼きっぽいですね。

そうか、ロシア版お焼きか~~。
材料は、
・カッテージチーズ
・とき卵
・ハチミツor砂糖
・プレーンヨーグルト
・小麦粉
・塩
・レモン汁
で、水切りしたカッテージチーズとその他の材料を混ぜて、多めの油で小さなパンケーキのようにして焼くとのことでした。

それにしても、どんな味なのだろう、スィルニキ。気になる・・・
K君が苦手だったその味を、どうしても味わってみたくなり(変)、ついに材料を購入して作ってみることにしました。

それがこちら。
IMG_0092_convert_20131114153103.jpg

どうですか。
まさにロシア版お焼きですね。見た目は結構、美味しそうじゃないですか??
で、出来上がったものをさっそく試食^^

お? お~~?? 不味くないよ!
味は、材料一つ一つが口の中に広がる感じです。
チーズ、ヨーグルト、レモン、ハチミツ、塩。それらが混じり合わずにふわっと一度に味わえます。

しかし、油をたくさん使っているのと、チーズが大量に入ってるため、胃がもたれてしまって、たくさんは食べられませんでした。件のK君も、ママチカに「イショ~(もっとどうぞ)」と勧められ、できる限り頑張って食べたそうですが、2枚だけ残してしまったとのことです(美味しくないと思ったのに、よくそこまで頑張って食べたなあ、エライ!!)

この日まーさんが作った「スィルニキ」は、冒頭で紹介したクラブの集まりに持っていき(ちょうど火曜日でした)、K君のお話をメンバーとシェアした後、
「では、その”美味しくない“というスィルニキですが、実際に作ってみました~~」
と言って取り出すと、皆わ~~っと言って次々に試食していました(勇気あるなあ・・・)しかし、意外と評判は良かったです。ロシアでは苦手だったというK君も、まーさんのスィルニキを食べてみて、「これは美味しい」と言ってくれました(^^ゞ


                  ◇


ホームステイ。
これは普通の旅行では味わえない、密度の濃い人間関係を築ける貴重な体験です。密度の濃い分、楽しいこともつらいこともたくさんあるでしょう。特に子供達にとっては、家族から離れ、言葉の通じない異国の家族に一人お世話になることは、計り知れない不安を伴う経験だと思います。そんな中で、様々なハプニングにも負けずホームステイをやり遂げてきた彼らは、出発前に比べ、皆一様にキラキラ輝いて、自信に満ち、一回り大きくなって帰ってきます。その変化には、本当にいつも驚かされます。


                  ◇


話は少々飛躍しますが、まーさんの理想について。

それこそ机上の空論かもしれませんが、世界中のあらゆる人間が、人種・性別・年齢等の枠を超え、ナマの人間同士として付き合っていける環境が、少しずつでも広がっていくことにあります。もちろん生活環境の違い(生活格差も含めて)や信条の違い、政治的文化的対立、その他ありとあらゆる難問が山積していることも十分承知の上です。ここで取り上げたホームステイにしても、ごく一部の人間(ある程度の生活レベルが確保されている家庭)に許された経験であることは、間違いのないことです。

そんな様々な矛盾や疑問はありますが、少なくとも、今自分がいる環境において、地球人として日本人として何が出来るのか。あらゆる人々に心を開いて対峙するにはどうしたらよいか。また話は広がりますが、人間だけではなく、地球上のあらゆる存在(生物・無生物)との共生には何が必要なのか。

まーさんは、そんなことをいつも、心に抱いて生きていたいのであります。




ロシアの「スィルニキ」。
訪れたことのない異国とその人々の生活に思いを馳せる、ステキなきっかけとなりました。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おろしや国

こんにちは。実は私20代の頃にロシア(当時はまだソ連)関係のお仕事してて、ちょっと縁があったのですが、スィルニキは知りませんでした。あまり、美味しい食べ物の記憶がなくて、豚の脂身の塩漬けとか、やはり脂っこいものが多かったですね。ただ、旧体制の頃から、ロシア人は日本に友好的で、国としては付き合いにくいけど、一人間としては、とてもフレンドリーで楽しかった記憶があります。

Re: おろしや国

yuccalina様

こんばんは^ ^

わあ〜〜旧ソ連関係のお仕事をしてらしたんですか!
スゴイですね〜(≧∇≦)
スィルニキはワタクシも、全く初めて知った料理です。
ロシアというと、ボルシチ、ピロシキ、あとクレープみたいな…名前忘れちゃいました、そんな料理が浮かんできます。

ロシアの人々、とてもフレンドリーでオープンハートですよね^ ^男性はすごく女性に優しいなあという印象もあります(*^^*)たまたまお会いした方がそういう人だったのかな??

No title

美味しくないと聞いて作ってみるとは流石ですね〜。
チャレンジャーまーさんです。

それから最後の国際交流の件、本当にそうなったらいいですね。
ホームステイで1層目、学生として数年住んで2層目、移住してきて数年住んで3層目、そして更に数年して4層目、と進めば進むほど、初めは見えていなくて楽しいばかりだった海外での生活に、根強い垣根と1代では越えられない見えない文化の壁を感じています。これでも、私達の祖父母の時代に比べれば全然違うのでしょうから、私達の子供、孫の頃には、もっと人の心の奥深くに根付いている差別の壁、人種優越感、それから自分の価値観、文化だけから物事を判断してしまう癖などがどんどん薄稀ばいいなと思います。

No title

まーさん、こんにちは♪
スィルニキ、美味しそうなパンケーキみたいですね。
ツブツブ?そんなに気になるものだったのでしょうか。

>地球上のあらゆる存在(生物・無生物)との共生には何が必要なのか。
おっしゃる通り、そこをまず考えていかないと、地球の未来はないものだと思います。
日々の生活の中でも欲張らず慎ましく生き、資源を大切にしたいと思います。

No title

こんばんは^^
まーさんがお料理上手だからなのかもしれませんが、スィルニキ、確かに美味しそうに見えます。
ヨーグルトやレモン汁が入っているから、酸っぱいのですね。

まーさんの理想、私も共感します!
違いを踏まえておくことは、相手を理解するのにとても大事なことだと思いますが、違いや対立も、元になっている一つのところから発しているものだという見方もできるんじゃないか、とか思っています。
西田幾多郎の文化論とか、ジョン・ヒックの宗教論とか、面白いですよ^^

スィルニキ!

多言語ゲームやダンス、すごい国際的ですね。
外国人ぎらいといわれる日本人ですが、
世界ってこんなに身近だったのか・・・と考えさせられます。

スィルニキおいしそう♪
ロシア版お焼きだなんて、まーさんうますぎます!
日本ではパンケーキが流行りですが、
新しい健康スイーツな形としてこれからはスィルニキにとって変わられるかも!

素敵なお話を今日もありがとうございます。^^

Re: No title

Ariane様

おはようございます*\(^o^)/*

スィルニキ、予想外に美味しかったです。
酸っぱいのは、ヨーグルト、チーズ、レモン。
ぶつぶつは、カッテージチーズの食感だったのですね。
実際にロシアで食べて来た子の話を聞いて作ってみると、ただ料理本を見て作った場合より、いっそうリアルにその料理の食卓にのっている様子などが想像できて、自分も一歩ロシアに近づいた気がしました。

Ariane様がワタクシの思いに共感していただいたこと、
すごく嬉しく思います。
哲学研究で素晴らしい成果を残されたAriane様の、当時のご研究の一端でも、いつかご紹介いただければと、密かに期待しているワタクシでございます。
西田幾多郎、ジョン・ヒック(は知りませんでした)、読んで見たいです!ご紹介ありがとうございます*\(^o^)/*

Re: スィルニキ!

美雨様

おはようございます(*^^*)

多言語クラブはとても面白いです^ ^
始まりの挨拶は「オラ!」
帰りの挨拶は「再見!」
座る時は「アンジュセヨ」
褒める時は「ハラショー」「ブラボー」
などなど、各国の言葉が入り乱れています(笑)
言葉を通じて、日本vs外国の垣根は、完全に取り払われます。また、いろんな世代の人がいるので、今は失われた、ご近所コミュニティが復活したみたいな雰囲気もあります。子供にとっては、とても良い環境ですね〜!

今日本では、パンケーキ流行りなのですね。知りませんでした〜(時代に乗り遅れています…汗)
カッテージチーズのパンケーキは、ヘルシー志向の皆さんに、ウケるかもしれませんね(≧∇≦)


Re: No title

凛様

美味しくないって、どんな風に?
が気になって、終に作ってしまいました〜汗
何でも自分で試してみないと分からないものですよね。

同様に、外国生活の長い凛様のお話から、人種を越えて人と人とが理解し合うことの難しさを、非常にリアルに痛感いたしました。特に白人社会において、日本及びアジアの人々が生活基盤を築くことは、並大抵のことではないのだろうと、凛様の日頃のご苦労が強く感じられた次第です。本当に頭が下がる思いです。
凛様のお話、件の多言語クラブでもシェアさせていただきたいです。楽観的過ぎる国際交流もどうかと思うので。これからもオーストラリアでの暮らしについて、色々と教えてください!貴重な体験談ありがとうございます(^。^)

Re: No title

yoyo様

スィルニキのぶつぶつ、ワタクシはそんなに気になりませんでした〜!
カッテージチーズの食感だったのですね。
ロシアに行ったことはないのですが、何となくロシアを感じる料理でした^ ^

地球上のあらゆる生物・無生物との共生、今こそ真剣に考えるべき時と思います。「足るを知る」の精神も大切にせねばと日々痛感します。

フランスの方々は、このようなことについて、どうお考えなのでしょう?何か日本人との違いなど感じることはおありになりますか?

No title

いえ、そんなに違いがあるとは思いません。
ただ、福島の一件以来、環境に対する考え方の重さのようなものは、日本人の方が身近に感じていることかもしれませんね。
でも、これも人によって様々ですので、はっきりとは言えませんが。
ただ日本人の食べ物に対する考え方に疑問を持ちます。

Re: No title

yoyo様

返信ありがとうございます!!

確かに、福島の問題は、日本人の心に重い課題を残したと感じます。
この一件により、環境問題を本当に自分のこととして考える国民が、
増えたかもしれません。

日本人の食べ物に対する考え方に疑問を持たれているというyoyo様のご意見、
ワタクシも同感です。
食に対する意識の低さは、様々な問題として表れていると考えます。
個人のレベルでいえば、これほど食べ物を粗末にする国民も珍しいと思いますし、
その態度が、ひいては食品偽装や、食品自給率の低さなど、深刻な問題を引き起こしていると
言えるのではないでしょうか。

命と直結している食べ物に対し、日本人はもっと真摯で謙虚な気持ちを持つべきかと思います。

No title

面白く拝読しました。

私は、「差別」ということについて、最近よくかんがえています。

日本人である、というアイデンティティは保ちつつ、
そのほかの国の方と仲良く付き合っていけたらいい、と思います。

この間、東京へ行って、ターナー展を見に行ったときのこと、
都市名だけが書いてあって、国境がないヨーロッパ地図を見ました。

妙に新鮮で、フランス、ドイツ、チェコ、オーストリアと線が引かれていなかったら、また別な視点でものごとが見えてくるものなのだなぁと。

話は変わりますが、最近、ロシアにハマっています。

最近はちょっと、ですが、ロシアの小説を読んでいました。プーシキン、ツルゲーネフ、トルストイ、ドスエフスキー。重厚ですよね~。

ロシアってやっぱり、ヨーロッパのようでヨーロッパでない。

でも、とっても芸術の栄えている国ですよね~。

音楽に、バレエに、文芸に。
(絵の方はちょっと弱いかな~???)

翻訳家の米原万理さんもおっしゃってましたが、
やはり、芸術がさかんなのは、社会主義だった、という
恩恵もあるのだそうですよ。
悪いことばっかりでもないのです、社会主義って。


あ、今、思い出しましたが、バレリーナの斎藤由佳里(漢字間違っているかも? 汗)さんの
自伝である「ユカリューシャ」って本、すごくドラマティックで
面白いですよ。

バレリーナのタマゴだったゆかりさんが、当時ソ連のボリショイバレエのトップダンサーだったニコライさんに、見初められ、結婚し、
ロシアと日本での生活など、とても生き生きとえがかれています。

是非、一読あれ。

おはようございます
ひかりです

美味しそうですね〜

油をかなり使っているとの事、カロリー高いですかね?

でも味わってみたいですね

Re: No title

sadafusa様

こんにちは。
すっかり返信が遅れてしまって、恐縮です・・汗
ワタクシ、不覚にも風邪を引いてしまい、
ぼんやりと日々を過ごしておりました(ノД`)・゜・。


> 日本人である、というアイデンティティは保ちつつ、
> そのほかの国の方と仲良く付き合っていけたらいい、と思います。
本当にその通りだなあ、と思います。

「都市名だけが書いてあって、国境がないヨーロッパ地図」
って面白いですね。国単位ではなく、都市単位で物事を考えると、
また違った視点が生まれるのでしょうね。

sadafusa様は最近ロシアにハマっていらっしゃるとのこと。
ロシアの小説は本当に重厚ですね。
高校の時の担任の先生が、ロシア文学大好きで、
三者面談の時、進路の話は一切せず、ワタクシの母親と
ずーっとロシア文学について語り合っていたのを思い出します(変)

芸術が盛んなのは社会主義だったから、というのは、なるほどです。
ワタクシは、リムスキー・コルサコフとか、ムソルグスキーとか
ロシアの音楽が好きですね。ヨーロッパとはまた違う、土着的な雰囲気がいいなと。

バレリーナの斎藤由佳里さんの 自伝「ユカリューシャ」
ご紹介ありがとうございます!!
ロシアの生活、とても興味があります。
早速読んでみたいと思います!!

Re: タイトルなし

ひかり様

こんにちは!!

スィルニキはとてもカロリー高そうです(^^ゞ
でも、少しだけ食べるなら大丈夫かな、と・・(笑)

日本ではあまり食べたことのない、異国の味がします(ってどんな味??)
美味しかったです。

そういえば、
ひかりさんのトマト鍋、真似させていただきました~~!!
当ブログでも紹介させていただきました。
美味しそう!!という反響が沢山でした^^
実際美味しかったです!!
ワタクシ一人、タバスコ大量がけしてました(美味い)
プロフィール

まーさん

Author:まーさん
息子と夫と私、考え方も行動もてんでバラバラな3人で暮らしています(笑)でも仲良しです。
音楽、映画、読書が好き。芸術鑑賞、外国語、旅行も好きです。ゆ~る・じゃぱんでは、日本大好きまーさんが暮らしのに漂う日本の香り・日本文化をゆる~く綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。