スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まーさん超訳『竹取物語』~くらもちの皇子と蓬莱の玉の枝②~

先週から、めまいと頭痛、胃痛に悩まされていたまーさん。一体どうしたことか、見当もつきませんが(汗)、とにかく頭がぐらぐらして、PCに向かうことが出来ませんでした~~(◎_◎;)
今日の午後、少し持ち直してきましたので、こうして超訳『竹取物語』の続きを綴っております・・・

ところで――
本日の「読売新聞」一面の最下段広告に、前回当ブログでご紹介しました絵本『おじいちゃんがおばけになったわけ』が掲載されていました。「親子三代で読みたい心に沁みる傑作絵本!【15万部突破!】(6歳から)」とありました。
おお~~、何だかとても良いタイミング!先日読み聞かせをした、小学4年生の子供たち、もしもこの広告を見てくれていたら、ぜひおうちの方にも、どんなお話だったか話してくれたら嬉しいなあ、と思ったりしました。

そして同じく一面最下段の広告に、まーさんのとても気になる本が掲載されていました。「日本人らしさの発見」という本です。画像はありませんが、ご参考までに以下ご紹介を載せておきます。

日本人らしさの発見日本人らしさの発見
(2013/12/06)
芳賀 綏

商品詳細を見る


新聞の紹介文には「万物をいつくしむ日本の〈凹型文化〉が、排他的な〈凸型文化〉主導の歴史を変えさせ、危機に立つ地球環境と人類を救う――。世界の〈凸型〉民族に文明の転換を迫る壮大なスケールの比較文化論。」とありました。

日本文化及び日本人の在り方が、世界を変える突端になるのではないか、今こそ世界に日本文化を輸出するべきではないかと考えるまーさんにとって、本書はまさに「我が意を得たり」の内容です。
しかし何といっても未読でありますので(^^ゞ、いずれ本書を読了し、皆様にご紹介したいと思った際には、当ブログにて感想などを書き綴ってみたいと考えております。


               ◇


まーさん超訳
『竹取物語』~くらもちの皇子と蓬莱の玉の枝②~


《あらすじ》
翁が皇子に、「こんなに不思議なほど素晴らしい木は、一体どのような所にございましたのでしょう。」
と申し上げると、皇子はその木の枝を手に入れたいきさつを、滔々と述べられる。

「一昨々年(さおととし)の二月十日ごろ、わたくしは難波から船に乗って海へ出ました。心細く、当てのないことはこの上もありませんでしたが、『かぐや姫を手に入れられずに、生きていても仕方がない』『生きている限り船旅を続けていれば、いつか蓬莱山に行きつくだろう』と海をただよい、そのうちに、わが日本の海を離れてゆきました。ある時は波にもまれ海底に沈みそうになり、またある時は風のままに吹き寄せられた見知らぬ国で、鬼のようなものに殺されそうになりました。ある時には方向が全く分からなくなり、遭難しそうになりました。ある時には食料が尽きて、流れ着いた島で草の根を食べて生き延びました。ある時は、いいようもなく異様で不気味な化け物がやって来て、わたくしに食いかかろうとしました。ある時には海の貝を取って命をつなぎました。旅の途中で助けてくれる人もなく、様々な病にもかかり、行く先も分からなくなりました。こうしてただ、船に任せて海をただよい続けた五百日目の午前八時ごろ、海の中にちらりと山が見えたのです。船を近づけてみると、その海上をただよう山は、たいそう大きく高く麗しい。『これぞ、わたくしが求めていた蓬莱山であろう!』と思いましたが、やはり恐ろしく思われて、山の周りを二・三日ほど漕ぎまわって調べていました。すると、天人の装いをした女が,山の中から出て来て銀の金碗を持って水を汲み歩いているのです。これを見てわたくしは船を下り『この山の名は何と申すのですか』と尋ねると、女は『これは蓬来の山です』と答えました。私はそれを聞いて飛び上がらんばかりに喜びました。この女に名を問うと『わたくしの名はうかんるり』と言って、さあっと山の中に入ってしまいました。その山を見ると非常に嶮しくて、登る方法もありません。そこで、その山の崖の周辺を巡ってみました。すると、この世のものとは思えぬ花の木が立っています。山中からは金・銀・瑠璃色の水が流れ出ています。その流れ出た川には、色々の玉で作った橋が架かっています。照り輝く木々も立っています。今ここにお持ちしました木の枝は、その中ではたいそう見劣りがするものでしたが、かぐや姫のおっしゃったものと違っていてはまずいと思いまして、この花を折って持ち帰ったのです。蓬莱山はこの上もなく素晴らしく、この世のものには例うべくもない様子でしたが、この枝を折ったからには一刻も早く帰郷したいという思いが募り、船に乗り、追い風によって四百四日で帰って参りました。神仏の大願力のお蔭でありましょうか、難波より、昨日都に戻って参ったのです。潮に濡れた衣をすら脱ぎ替えることなく、すぐにこちらに参上したのです。」




翁はこれを聞いて、感に堪えず大きなため息をつき、歌を詠んだ。

くれたけのよよのたけとり野山にもさやはわびしきふしをのみ見し

≪竹の節と節とが連なるように、長い年月を生きたこの竹取の翁ですが、

野山にても、これ程心細く身に応える経験ばかりしたことがございましょうか、

いや全くございません≫


これをくらもちの皇子が聞いて

「本当に長い間、気力も失せるほどでした心は、

今日あなたの言葉を聞いてすっかり取り除かれました。」とおっしゃって、返歌、


我が袂今日かわければわびしさの千種の数も忘られぬべし

≪塩と涙で濡れた我が袂(たもと)も、

今日はすっかり乾いたのでこれまでの数限りない苦しい経験も、

自然と忘れられてしまうでしょう≫

とおっしゃる。





次回に続きます。


参考文献
*『日本古典文学全集8 竹取物語 伊勢物語 大和物語 平中物語』(小学館)
*『岩波古語辞典』(大野晋 佐竹昭広 前田金五郎 編)




にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
お身体、大丈夫ですか?
ご無理なさらないでくださいね。(^^)

竹取物語、やっぱり面白いですね〜。
早く続きが読みたくなりますね。
でもゆっくりでいいですよ〜。(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは^^

『日本人らしさの発見』、面白そうな比較文化論ですね。
排他的な〈凸型文化〉に対して、日本の文化を〈凹型文化〉として表現する感覚は、なんだか分かるような気がしますね。
日本的な精神が世界に新しい貢献をするというのは、私も同感なのですが、現状を見ると、逆に西洋近代の合理主義が非常に浅薄な形で日本に定着し、日本人を蝕んでいるような気がしています・・・。

『竹取物語』、毎回楽しみにしています。
でも、どうぞご無理なさらないように、お身体大切になさってくださいね^^

Re: No title

アヒルのとーさん様

こんにちは。
お陰様で、体の方はだいぶ良くなってきました^^
ワタクシ、天候に左右されやすい質なので(^^ゞ
きっと、このところの寒さにやられたのだと思います。
漢方の先生には「水分代謝が悪い」「血行不良」と言われています(苦笑)
お気遣い、ありがとうございました!!

『竹取物語』訳していてワタクシも面白くなってきました~~(*^^)v
早く続きを訳していきたいです。
いつも楽しみに読んでいただいて、ありがとうございます!!
アヒルのとーさん様の応援が、更新の励みになっております\(^o^)/

Re: No title

鍵コメ様

こんにちは。

体調のことでご心配をおかけし、恐縮です・・・(T_T)
お陰様で、調子はだいぶ良くなってきましたv
漢方の先生によりますと、わたくしは「水分代謝が悪い」「血行不良」
だそうで(^^ゞ、体調が天候に左右されやすいとのことです。
確かに、気圧の変化に敏感で、偏頭痛や胃腸炎などを起こします。
時にはめまいも・・・

鍵コメ様、メニエール氏病を経験されたのですね。
かつてのワタクシの同僚にも同じ病気の方がおりました。
とても辛そうでした。
・・・大変な思いをされたのですね。
今はもう治っていらっしゃるご様子、安心いたしました。

明日、一昨年の病気の検診・投薬がありますので、
先生にめまいのことを聞いてみたいと思います
(薬の副作用の可能性もありますので・・・(*_*;)

お気遣い、重ねてありがとうございました!!


Re: No title

Ariane様

『日本人らしさの発見』さっそく今日、注文いたしました^^
日本文化=凹型文化って、言いえて妙ですよね!
Ariane様のおっしゃるように、現在の日本は、西洋近代合理主義が浅薄な形で定着した結果、あらゆるところにひずみが出ているという気がします。このことは既に、夏目漱石が『現代日本の開化』(講演録)の中で予言していたことで、改めて漱石のすごさを実感いたすところです。

『竹取物語』楽しみにしていただいてありがとうございます!!
お陰様で、体調はだいぶ良くなりましたので(寒波が去り、気候が安定したら体調不良も減ることと思います)、なるべく無理しないように過ごしていきたいと思います。お気遣いありがとうございます^^

No title

まーさん、お身体、大丈夫ですか?
最近、エネルギーがどんどんシフトしているので、体調として現れていることが多いようです。
こういう時はいつもよりも多く睡眠を取られることをお勧めします。

竹取物語も楽しみですが、あまり無理をなさらないでくださいね!

Re: No title

凛様

こんばんは。

やっぱり・・・体調不良はエネルギーシフトが関係しているのですね。
何となくそんな感じはしていたのですが・・・
最近こうした体の変調が起きることが、多くなっているような気がします。
きっと同じような方は、たくさんいらっしゃるのでしょうね。
先週の土曜日などは、めまいというか、とにかく体が弛緩して起き上がれないような状態で、
日曜日も午前中くらいまで横になっていないといたたまれない感じでした(苦笑)
おかげで、万年不眠症気味のワタクシ、珍しく寝っぱなしの数日を過ごしました~~(笑)

凛様のアドバイス通り、いつもより多く睡眠をとるようにしたいと思います!!

お心遣い、ありがとうございます^^無理しないようにしたいと思います。
プロフィール

まーさん

Author:まーさん
息子と夫と私、考え方も行動もてんでバラバラな3人で暮らしています(笑)でも仲良しです。
音楽、映画、読書が好き。芸術鑑賞、外国語、旅行も好きです。ゆ~る・じゃぱんでは、日本大好きまーさんが暮らしのに漂う日本の香り・日本文化をゆる~く綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。